おまとめローン専門の中央リテール

消費者金融では珍しいおまとめローン専門のお店として中央リテールがあります。

限度額は500万円で、金利設定は10.95~13.0%となっており、消費者金融としては珍しいくらいの金利設定です。

おまとめローンを利用する実際の金額あたり(おおよそ100万円前後から200万円あたり)を勘案すると金利設定はかなり安いほうでしょう。

審査も最短で即日で完了しますから、すぐにでもおまとめローンを利用したい人には大変便利な商品となっています。

消費者金融でおまとめローンならここはかなりオススメです。

ただ、もちろんのことではありますが新たな借入はできませんので、利用をする際にはしっかりと返済をする医師を固めてから利用してみることをオススメします。

消費者金融で即日融資をうけてみて

お金を友人や親から借りる場合すぐに借りると言うのはなかなか難しいです。やはり知り合いの場合は借りるまでのやり取りが面倒だと思います。なぜ必要なのかと説明をするのもなかなか恥ずかしいものがあります。その点、消費者金融などは即日融資してもらえます。

審査も簡単できちんと収入があるのであれば融資はすぐにしてもらえます。私も結婚式などの出費が多い時は、消費者金融に何回か頼ったことがあります。次の給料日に返済を全てできるので、無利子期間の間でお金が返せて特に問題はありませんでした。誰にも迷惑をかけることなくお金の問題が解決してよかったです。何よりすぐに借りれるというのが簡単でとても便利です。また何かあれば返済できる金額を借りると思います。

即日融資が可能なソニー銀行カードローン

テレビCMなどで宣伝していなくても、世の中には便利なカードローンが存在します。例えば世界のソニーが運営するソニー銀行カードローンMONEYKitもほとんど一般的には知られていませんが、ネットの世界では有名なカードローンの一つです。

そのMONEYKitの基本スペックは、融資限度額が1~800万円まで、金利は年2.5~13.8%となっています。ちなみにMONEYKitの申し込み条件は、満20歳以上65歳未満の方で、原則安定した収入のあることです。なお専業主婦(50万円まで)や学生(10万円まで)でも申し込み可能です。またソニー銀行の口座作成が必須となりますが、他行への即日振込み融資が可能となっています。

MONEYKitの審査は最短60分で回答をもらえます。他行へ即日振込み融資を受けるためには、平日14時30分までに審査回答が完了している必要があります。ただし朝一に申し込まないと、翌営業日に審査回答は回される可能性が高く、その場合は翌営業日に振込み融資が受けられることになります。

一方ソニー銀行の口座をお持ちなら、24時間振込み対応してもらえます。審査回答は平日の20時までOKです。ですからソニー銀行ユーザーは平日20時までに審査に通れば、お持ちのキャッシュカードでキャッシングできます。

ソニー銀行はネット銀行なので、自社ATMがありません。ですから主要なコンビニATMと、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行等のATMの手数料が原則無料です。キャッシュカードにローン機能が付く形なので、外見からはカードローン利用がばれる心配もありません。

同じグループのプロミスとモビットどちらオススメ?

三井住友銀行グループの消費者金融は、プロミスとモビットがあります。どちらがオススメかというと、業界トップを争っているプロミスの方が何かと利便性が高くオススメです。

なぜならプロミスは上限金利が年17.8%と業界最低です。おまけに30日間の無利息サービスがあるので、初心者には尚更プロミスがオススメです。モビットは融資限度額が800万円と業界最高ですが、総量規制のために一般人には全く関係ありません。初回契約時の融資限度額は50万円以下になるのが一般的だからです。

また自動契約機の台数がモビットは約400台しかありません。プロミスは三井住友銀行のローン契約機も使えるので、合計約1800台あります。ですから即日融資を受ける際にカードを受け取りに行くのに、プロミスの方がお近くに自動契約機が存在する可能性が高くて便利です。

消費者金融の返済方法は口座引落が選ばれるのはなぜ?

消費者金融の返済方法は口座引落、銀行振込、ATMなどがありますが、口座引落を選ぶ人が多いです。そこでなぜ消費者金融の返済方法は口座引落が選ばれるのか理由を挙げていく事にしましょう。

・支払いを忘れるのを防ぐ事が出来る

消費者金融は返済期日が設けられていて遅れてしまうと滞納になってしまい信用情報に履歴が残ってしまいます。ATMや銀行振込を利用して返済していると返済期日を忘れてしまった時に滞納になってしまいます。しかし口座引落を利用して返済していれば返済期日を忘れても口座から自動引き落とされるので支払いを忘れるのを防ぐ事が出来ます。

・利用手数料が無料で返済する事が出来る

消費者金融は金利が高く設定されているのでお金を借りると加算される利息も多くなります。それにより返済する時はなるべく利用手数料を無料にしたいものです。ATMや銀行振込で返済していると1回ごとに利用手数料が発生してしまうので返済総額も多くなってしまいます。しかし口座引落で返済していれば利用手数料が無料なので無駄な出費を抑える事が出来ます。

・業者から勧められる事もある

消費者金融に申し込みをした時に口座引落で返済する事を勧めて業者も増えてきています。それで口座引落で返済する人もいます。

キャッシングの申込み前の心構え

キャッシングの申込みを有利に進めるには、借入できそうな金融機関を選ぶことが大切です。学生・主婦OKのローンは審査に通過しやすいと考えてよいでしょう。あとは即日融資・30日間の無利息などをアピールしているローンがおすすめです。ローンの通過率は一律設定ではなく、申込者の属性、希望額、時期などによって変わります。返済能力を超えないように借入診断をしてから申込みするのが得策です。

他社のローンを利用している方は、無理をしない借入額に抑えることが大切です。2件以上の借入件数になると審査がシビアになってくるので、金融機関側に相談してみましょう。簡単な回答に答えるだけで、融資可能か大まかにわかります。借りてすぐに返済する借り方なら、数%の金利の差にはあまりこだわる必要はないでしょう。

千葉銀行カードローンはどのような人が利用している?

首都圏にある地方銀行の中で千葉銀行カードローンを利用する人が増えてきていますが、実際にどのような人が利用しているのか見ていく事にしましょう。

・専業主婦

専業主婦はカードローンを利用する事が出来る銀行が制限されてしまいますが、千葉銀行カードローンは専業主婦への貸付も積極的に行っています。配偶者に安定した収入があれば最大50万円まで借入可能です。

・多額の借り入れをしたい人

千葉銀行カードローンは限度額が最大800万円に設定されていて多額の借り入れにもしっかり対応してくれます。また多額の借り入れをする時は収入証明書を提出しなければいけませんが、千葉銀行カードローンは不要になります。収入証明書を準備するのは手間がかかるので提出が不要になるのはメリットになります。

カードローンと銀行ローンの利点を比べて使い分ける

カードローンの契約があれば、利用限度額の範囲内で繰り返し何度でも借入と返済を行えます。必要な時に必要な額だけ借入を行って、約定返済日に最小返済額以上を返せば良いので、余裕がある月には随時返済として多くの金額を返済しても問題ありません。その代わり、金利設定が特に消費者金融では利息制限法で定められている法定金利ギリギリというケースが多く、利便性と金利設定は相反する状態です。

銀行カードローンを選べば、消費者金融よりは低金利で借入が出来るものの、目的別ローンとは比較にならないほど金利が高いことに変わりありません。カードローンは、必要な時に必要な金額を借入する方法です。

一方、銀行ローンは、借入希望額について審査を行い、審査に通過した際には一括で融資を受けます。証書貸付と呼ばれている方法が採用されているので、返済方式は元利均等返済が一般的です。

まとめて借入を行って、計画的に定額返済を続けることになるので、繰り上げ返済は双方の合意が得られた場合のみ行われて、証書の作り変えが必要となる関係で手数料が必要となります。低金利で融資を受けられる代わりに、余裕がある月であっても一方的に繰り上げ返済を行なうことは出来ないわけです。

自動契約機でのキャッシングはバレないために行なう

自動契約機を利用したキャッシングは、家族を含めた周囲の人にカードローン利用がバレないようにするために利用出来ます。自動契約機コーナーは、全国に多数設置されているので、大手消費者金融と一部銀行の中から契約したいカードローンがあれば、申し込み可能です。

問題となるのは、自動契約機コーナーへ出入りする際に、知人や友人に見られてしまわないかという点でしょう。自動契約機は、生活圏を離れた場所であっても利用出来るので、コールセンターへ電話連絡して先に普段知り合いが立ち寄らないと考えられる離れた地域の自動契約機について情報を教えてもらう方法もあります。

また、カードローン契約はインターネット経由で申し込み出来るので、自宅に専用ローンカードが届いてしまわないように、カード受け取り場所を自動契約機希望とする方法も有効です。消費者金融にとっても、郵送にかかる費用を節約出来るだけでなく、本人確認書類確認時にカメラ経由で本人だと確かめることが出来るメリットがあります。

契約場所として離れた地域の自動契約機を探すよりも、審査に通過した上で知り合いに見つかりたくないからという理由で離れた地域の自動契約機コーナーを利用すれば、金融業者にとっても納得してもらいやすいです。

キャッシングは主婦の方でも利用できます

子育て中の主婦の方で、月末になるとお金が足りなくなることがあって困っているという人はいませんか。時々実家に行って食事をおごってもらったり、お米や野菜を送ってもらったりして乗り切る方法もありますが、あまり何回も親を頼ってしまうのは心苦しいものです。

そんな時に便利なのが、キャッシングサービスです。主婦の方の中には、自分はたくさんの収入を稼いでいないから融資の審査に通らないし、キャッシングサービスを利用できないと思っている人も多いでしょう。けれども、決してそんなことはありません。

主婦の方でも、パートやアルバイトなどで安定したお金を稼いでいる人は、お金を借りることができます。最近はスマートフォンやパソコンを使ってインターネットで申し込めば、お店に行くことなく、いつでも利用することができるので便利です。

ご主人など家族の人に知られることなく、安心してキャッシングに申し込むことができます。いつもお金が足りなくなることが多いという人は、時間のある時にキャッシングについて調べておくといいでしょう。条件は会社によって違いますし、限度額も決まっているところがあります。まずは無理のない範囲で賢く利用するのがおすすめです。