カードローンと銀行ローンの利点を比べて使い分ける

カードローンの契約があれば、利用限度額の範囲内で繰り返し何度でも借入と返済を行えます。必要な時に必要な額だけ借入を行って、約定返済日に最小返済額以上を返せば良いので、余裕がある月には随時返済として多くの金額を返済しても問題ありません。その代わり、金利設定が特に消費者金融では利息制限法で定められている法定金利ギリギリというケースが多く、利便性と金利設定は相反する状態です。

銀行カードローンを選べば、消費者金融よりは低金利で借入が出来るものの、目的別ローンとは比較にならないほど金利が高いことに変わりありません。カードローンは、必要な時に必要な金額を借入する方法です。

一方、銀行ローンは、借入希望額について審査を行い、審査に通過した際には一括で融資を受けます。証書貸付と呼ばれている方法が採用されているので、返済方式は元利均等返済が一般的です。

まとめて借入を行って、計画的に定額返済を続けることになるので、繰り上げ返済は双方の合意が得られた場合のみ行われて、証書の作り変えが必要となる関係で手数料が必要となります。低金利で融資を受けられる代わりに、余裕がある月であっても一方的に繰り上げ返済を行なうことは出来ないわけです。