即日融資が可能なソニー銀行カードローン

テレビCMなどで宣伝していなくても、世の中には便利なカードローンが存在します。例えば世界のソニーが運営するソニー銀行カードローンMONEYKitもほとんど一般的には知られていませんが、ネットの世界では有名なカードローンの一つです。

そのMONEYKitの基本スペックは、融資限度額が1~800万円まで、金利は年2.5~13.8%となっています。ちなみにMONEYKitの申し込み条件は、満20歳以上65歳未満の方で、原則安定した収入のあることです。なお専業主婦(50万円まで)や学生(10万円まで)でも申し込み可能です。またソニー銀行の口座作成が必須となりますが、他行への即日振込み融資が可能となっています。

MONEYKitの審査は最短60分で回答をもらえます。他行へ即日振込み融資を受けるためには、平日14時30分までに審査回答が完了している必要があります。ただし朝一に申し込まないと、翌営業日に審査回答は回される可能性が高く、その場合は翌営業日に振込み融資が受けられることになります。

一方ソニー銀行の口座をお持ちなら、24時間振込み対応してもらえます。審査回答は平日の20時までOKです。ですからソニー銀行ユーザーは平日20時までに審査に通れば、お持ちのキャッシュカードでキャッシングできます。

ソニー銀行はネット銀行なので、自社ATMがありません。ですから主要なコンビニATMと、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行等のATMの手数料が原則無料です。キャッシュカードにローン機能が付く形なので、外見からはカードローン利用がばれる心配もありません。

同じグループのプロミスとモビットどちらオススメ?

三井住友銀行グループの消費者金融は、プロミスとモビットがあります。どちらがオススメかというと、業界トップを争っているプロミスの方が何かと利便性が高くオススメです。

なぜならプロミスは上限金利が年17.8%と業界最低です。おまけに30日間の無利息サービスがあるので、初心者には尚更プロミスがオススメです。モビットは融資限度額が800万円と業界最高ですが、総量規制のために一般人には全く関係ありません。初回契約時の融資限度額は50万円以下になるのが一般的だからです。

また自動契約機の台数がモビットは約400台しかありません。プロミスは三井住友銀行のローン契約機も使えるので、合計約1800台あります。ですから即日融資を受ける際にカードを受け取りに行くのに、プロミスの方がお近くに自動契約機が存在する可能性が高くて便利です。

消費者金融の返済方法は口座引落が選ばれるのはなぜ?

消費者金融の返済方法は口座引落、銀行振込、ATMなどがありますが、口座引落を選ぶ人が多いです。そこでなぜ消費者金融の返済方法は口座引落が選ばれるのか理由を挙げていく事にしましょう。

・支払いを忘れるのを防ぐ事が出来る

消費者金融は返済期日が設けられていて遅れてしまうと滞納になってしまい信用情報に履歴が残ってしまいます。ATMや銀行振込を利用して返済していると返済期日を忘れてしまった時に滞納になってしまいます。しかし口座引落を利用して返済していれば返済期日を忘れても口座から自動引き落とされるので支払いを忘れるのを防ぐ事が出来ます。

・利用手数料が無料で返済する事が出来る

消費者金融は金利が高く設定されているのでお金を借りると加算される利息も多くなります。それにより返済する時はなるべく利用手数料を無料にしたいものです。ATMや銀行振込で返済していると1回ごとに利用手数料が発生してしまうので返済総額も多くなってしまいます。しかし口座引落で返済していれば利用手数料が無料なので無駄な出費を抑える事が出来ます。

・業者から勧められる事もある

消費者金融に申し込みをした時に口座引落で返済する事を勧めて業者も増えてきています。それで口座引落で返済する人もいます。

キャッシングは主婦の方でも利用できます

子育て中の主婦の方で、月末になるとお金が足りなくなることがあって困っているという人はいませんか。時々実家に行って食事をおごってもらったり、お米や野菜を送ってもらったりして乗り切る方法もありますが、あまり何回も親を頼ってしまうのは心苦しいものです。

そんな時に便利なのが、キャッシングサービスです。主婦の方の中には、自分はたくさんの収入を稼いでいないから融資の審査に通らないし、キャッシングサービスを利用できないと思っている人も多いでしょう。けれども、決してそんなことはありません。

主婦の方でも、パートやアルバイトなどで安定したお金を稼いでいる人は、お金を借りることができます。最近はスマートフォンやパソコンを使ってインターネットで申し込めば、お店に行くことなく、いつでも利用することができるので便利です。

ご主人など家族の人に知られることなく、安心してキャッシングに申し込むことができます。いつもお金が足りなくなることが多いという人は、時間のある時にキャッシングについて調べておくといいでしょう。条件は会社によって違いますし、限度額も決まっているところがあります。まずは無理のない範囲で賢く利用するのがおすすめです。

借り換えタイミングは低金利ローンを見つけたとき

借り換えローンを利用するとき、借り換えタイミングを気にする人が多いですが、あまり深く考える必要はありません。たまたま低金利ローンを見つけたら、そのとき借り換えすればいいのです。ネットでローンのランキングサイトをチェックして低金利ローンを見つけるのもよいです。

借り換えを検討している方は、現時点においてローンを利用していますから、緊急性を要することはないでしょう。低金利ローンを見つけたタイミングで申し込んでみてください。

審査結果を決めるのは金融機関なので、自分であれこれと考えてもあまり意味がありません。確実に通過できると考えていても落ちることはありますし、逆に無理だと思っても通過したりするのです。

例えば現在15.0%のローンを利用しており、ネットで実質年率4.5%~13.5%のローンを見つけたとします。このローンで借り換えした場合、今より1.5%以上金利を下げることができます。もし審査に落ちても、現在15.0%で借入しているローンの金利が上がるわけではありません。

借り換えローンに申し込みするデメリットはゼロなので、気になるローンがあればどんどん申し込んでいきましょう。銀行ローンは総量規制の対象外なので、借り換えするのに都合がよいですね。

消費者金融の申し込みを自動契約機で行う2つのメリット

“消費者金融は自動契約機かネットで申し込む事が出来ますが、最近ではスマホが普及してきているのでネットで申し込む人の方が多いです。
来店不要でお金を借りる事が出来るので利便性が高いのがメリットになりますが、自動契約機で申し込みをした方がメリットになる点もあります。

そこで消費者金融の申し込みを自動契約機で行うメリットを挙げていく事にしましょう。

・オペレーターと会話が出来る

消費者金融の申し込みをネットで行う時に分からない点があった時は自分で調べなければいけません。中には調べても分からない事があるのでお金を借りるまで時間がかかってしまう事もあります。しかし自動契約機で申し込みをする時は電話が設置されているので分からない点があった時はオペレーターと会話して質問する事が出来ます。それによりスムーズに手続きを済ませる事が出来るのでお金を借りるのも早くなります。

・確実性がある

消費者金融の申し込みをネットで行う時は手続きのミスなどが多いので不便に感じてしまう事もあります。しかし自動契約機で申し込む時は手続きのミスなどはほとんどないので確実性があります。それにより安心してキャッシングの申し込む事が出来るのでメリットに感じる人も多いです。”

学生のキャッシングについて

初めてキャッシングをする際、気になることと言えば審査についてだと思います。どのような人が審査に通りやすいかというと、一番大事になってくるのは返済能力があるかどうかということです。当たり前ですが、無職の方よりも会社員として仕事をしている人のほうが通りやすいに決まっています。なら、主婦や学生など収入が不安定であったり少ない人は審査に通らないのかと言われるとそうではありません。そんな方達でもキャッシングをできるかどうか調べるために審査があると言ってもいいでしょう。

その中でも学生のキャッシング審査について記述したいと思います。一般には学生ではキャッシングの審査に通らないと思われている方が多いと思います。しかし、探してみると学生専用のキャッシングあるように、現在では学生に対しても積極的にキャッシングを進めている企業もあります。それだけ若い人の未来に可能性を見出しているということです。まず、学生でキャッシングするためにはアルバイトなど収入がなければキャッシングをすることはできません。

その理由は、お金を借りるためには、総量規制というものがあり年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないからです。しかし、逆を言えばアルバイトなどでも収入があればお金を借りることが出来るということです。学生の方で、お金がどうしても必要しかし学生ではキャッシングできないのではと思いの方一度消費者金融に相談してみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンとおまとめローンは競合関係にある

おまとめローンという宣伝文句が謳われている金融商品には、貸金業法に基づく総量規制の例外として行われている債務者にとって一方的に有利な借り換えに該当するものが本来のおまとめローンです。しかし、銀行カードローンの中には、総量規制対象外という点に着目した実質的なおまとめローンとしての勧誘が行われています。

背景として、利息制限法では法定金利を貸付残高に応じて段階的に厳しくしているので、10万円以上100万円未満の法廷金利は18%ですが、100万円以上では法定金利が15%に下がる点を利用した借り換えが推奨されます。金利差3%は100万円を1年間借入した際には3万円の利息差を生むことになり、借入総額が大きいほど金利差による総利息減少が期待出来るわけです。

一見すると借り換え出来れば銀行カードローンと消費者金融のおまとめローンのどちらでも良いと思われます。しかし、最大の違いは追加借入の可否にあることを知った上で借入先を選ぶことが重要です。消費者金融のおまとめローンは、貸金業法に基づく総量規制の例外としての借り換えですから、おまとめローンへの借り換え後に新たな借入は制限されます。一方で銀行カードローンならば、あくまでも普通に利用限度額設定を行なっただけですから、返済後に必要に応じて追加借入も可能です。

銀行ローンと消費者金融のキャッシングについて

銀行ローンのキャッシング審査は、2種類ある情報機関に照会して過去の借入状況や滞納などを調べ判断されます。延滞中は絶対に審査に落ちます。銀行系が駄目だったからといっても、ひと昔前と違い消費者金融のネームバリューは暗いイメージや体質ではないので、安心して借入するのも選択肢の一つだと思います。大手消費者金融自体が銀行の傘下にあるので、金利も昔のような高さもありません。

消費者金融の審査は情報機関1種類に、情報照会するので銀行系に比べると審査に通りやすいです。ただ延滞中や滞納歴、債務整理や自己破産などは審査に落ちます。

債務整理に関しては、ある一定の期間が経過していれば審査に通る消費者金融もあるようです。固定した場所で仕事をしていて在籍確認が取れ過去に延滞や延滞中がなければ、大抵は審査に通ると思います。

今の時代は色々なキャッシング会社がありますが、どこそこは審査が甘いとかいっても情報機関が同じなので、過去の実績が悪いと結果は同じになるようです。ただ、楽天ローンの審査に落ちたけどアコムは借入できたとか、その逆のパターンもあるようなのである程度の範囲では、会社によって審査基準が変わるようです。

自分のスタイルに合ったキャッシング、無理のないキャッシングさえすれば安心して便利に利用できると思います。