楽天銀行スーパーローンの審査の可決条件は?

ネット銀行のカードローンはWEB完結でキャッシングをする事が出来るのでここ数年で人気が出てきています。それでネット銀行のカードローンの中で一番有名な楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきていますが、審査があるので可決されなければ利用する事が出来ません。そこで楽天銀行スーパーローンの審査の可決条件はどのようになっているのか確認していきましょう。

楽天銀行スーパーローンは月1回以上の継続的な収入を得ている事はもちろんですが、給与収入や事業収入でなければいけません。投資収入や年金などは認められないので注意が必要です。またアルバイトでも利用する事は可能ですが、日雇いだと収入が不安定と判断されて審査が落ちてしまいます。アルバイトの人は継続的に働いている事が審査の可決条件になります。

アコムでキャッシングをするとオススメの2つの理由

アコムは三菱フィナンシャルグループの傘下に入っていて経営面が安定している大手の消費者金融です。それで安心してキャッシングをする事が出来るので利用する人も多いです。またアコムでキャッシングをするとオススメな理由もいくつかあるので見ていく事にしましょう。

・申し込みをしてから1時間で借入可能

消費者金融は即日融資に対応しているのが最大の特徴ですが、アコムは審査が最短30分で回答されるので申し込みをしてから1時間でお金を借りる事が出来ます。金欠の状態になっている時は出来るだけ早くお金を借りたいものなのでアコムでキャッシングするとオススメの理由として挙げられます。

・初回は30日間無利息で借入可能

アコムは消費者金融なので金利が高く設定されています。それで初めてキャッシングをする人は不安を感じてしまう事が多いです。しかしアコムは無利息サービスを提供しているので初めてキャッシングをする時は契約日の翌日から30日間無利息でお金を借りる事が出来ます。少額の借り入れをする時は無利息サービス期間内で完済する事も可能なのでアコムでキャッシングするとオススメの理由として挙げられます。

アコムでキャッシングをするとこのようなオススメの理由があるので金欠の状態になっていて困っていたら利用してみるといいでしょう。

アイフルのライセンス取得ローンとは

アイフルでは資格を取得してキャリアアップや就職活動に活かそうと考えている人を応援するライセンス取得ローンという目的ローン商品の取り扱いがあります。

同ローンサービスのの詳細などについて確認を行っていきましょう。

・金利と利用限度額

2017年12月19日時点で実質年率は13.0%~17.0%、利用限度額は最高で50万円までとなっています。

消費者金融のカードローンの実質年率の上限は18.0%が相場となっているのでカードローンを利用するよりも高確率でお得に資金調達ができます。

・契約の際に必要となるもの

運転免許証などの本人確認書類に加えて請求書や見積書などを借りたお金の使いみちを確認できる書類が必要となります。

キャッシングの申込資格について考える

キャッシングのサービスを提供しているキャッシング業者ではキャッシングの前提条件として、表現の方法はそれぞれ別であることが少なくありませんが、大まかに言えば「20歳以上の安定した収入のある人」という申込資格を設けていることがほとんどです。つまり、ほとんどのキャッシング業者では「20歳以上の安定した収入がある人」であればキャッシングを利用することができることになります。

この申込み資格の中でも「20歳以上」というのは、法律で決められていることですので絶対的な条件です。いくらたくさんの収入があっても、両親が大金持ちであったとしても、19歳以下の人はキャッシングを利用することはできません。19歳以下であると知っていた上で、キャッシングを行えば罰則と受けるのはキャッシング業者となってしまうのです。

もう一つの申込み資格である「安定した収入」ですが、これがキャッシング業者によって考え方がバラバラでキャッシングの審査はキャッシング業者が申し込んだ人が「安定した収入」があるかどうかを見極める作業であるといえます。「安定した収入」に基準はなく、キャッシング業者の審査によってそれぞれの基準があると言っていいでしょう。

利率の低さと成約率の両立はできません

キャッシング会社を比較する基準は様々ですが、両立できない要素があります。

それは利息の安さと審査の通りやすさです。

消費者金融は利息が高いけど審査に通りやすいのに対し、銀行系だと利息が安くても審査は厳しいと言うのは、よく聞く話。

ですが消費者金融の中でも、利息の安さに直結する最高利率が安い会社は審査が厳しくなり、銀行系ほどではなくても成約率が低くなります。

逆に審査が厳しく成約率の低い銀行系であっても、利率が消費者金融並なら成約率の高さも消費者金融並みになります。

例えば大手消費者金融のアコムは最高利率が18%ですが、成約率は47~49%程に収まっており、月毎の成約率が45%を下回ることは稀です。

それに対して最高利率が17.8%の大手消費者金融であるプロミスでは、41~44%程に収まっており、月毎の成約率が45%を上回ることは年に1月あるかどうか程度となっています。

審査基準はキャッシング会社によって違うので、最高利率が同じでも成約率に差が出ますが、それでも最高利率が18%の消費者金融なら、成約率が45%を超えることは珍しくありません。

とは言え数%成約率が高ければ絶対審査に通るわけでも、低ければ絶対落ちるわけでもありません。

0.数%の利率の差が、総返済額に大きく影響を出すにはかなり長い期間が掛かりますし、完済までの期間が短ければ誤差の範疇になります。

成約率と最高利率のどっちが大事かは人によって違うので、成約率と低金利のどちらを優先したいか、考えておくといいでしょう。

SMBCモビットのカードローンをWeb完結で契約する際の要点とは

SMBCモビットのカードローンは、Web完結という契約方法で契約することで職場への在籍確認の電話を省略してカードローン契約を行うことができます。しかしながらWeb完結契約は通常のモビットのカードローンを契約する場合と比べて契約の際に必要となるものなどが大きく異なるため、通常申込みとの違いをしっかりと把握しておく必要があります。Web完結契約をする際の要点について詳しく確認していきましょう。

・指定銀行の口座が必要

Web完結で契約する場合、借入金の返済方法は口座振替返済のみとなり、さらに返済に利用できる銀行口座についても指定があります。Web完結で契約する場合には三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの銀行の普通預金口座が必須となるのであらかじめ口座開設を済ませておく必要があります。

・保険証の写しが必要

本人確認書類とは別に社会保険証若しくは組合保険証の写しを提出する必要があります。国民健康保険証は利用できない点に注意が必要です。

・給与明細書の写しが必要

収入証明書類とは別に直近1ヶ月分の給与明細書の写しが必要です。但し収入証明書類として直近2ヶ月分の給与明細書と直近1年分の賞与明細書を提出した場合にはこの限りではありません。

アイフルのキャッシングローンをはやく契約するコツ

アイフルの無担保型カードローンであるキャッシングローンは、最短で即日審査・即日融資に対応しているので突然お金が必要となった時に便利にキャッシングが行えます。アイフルのキャッシングローンをできるかぎりはやく契約するためのコツについて詳しく確認していきましょう。

・インターネットから申込みをする

キャッシングローンには様々な申込み方法がありますが、パソコンやスマートフォンなどを利用しての申込みが最もはやい契約へとつながります。いきなり来店して契約するよりも予めインターネットで申込みをしておくことで、後に来店して手続きをする場合でも店舗での待ち時間を短くできます。

・アイフルへ電話をかける

インターネットから申込みをした後、アイフルのフリーダイヤルへ電話をかけて急いでいることを伝えると優先的に審査を進めてもらえます。特に即日融資を希望する場合には申込み後に忘れずに電話をかけるようにしましょう。

・午後に契約した場合は来店して手続きをする

審査を通過した後はインターネット経由或いは来店して契約手続きを行います。インターネットで契約をしてそのまま振込予約をして振込融資を受けることも可能ですが、振込の場合銀行の振込システムが15時でシャットアウトされてしまうので、午後3時前後に契約した場合にはアイフルへ来店してローンカードを受け取ることで素早くキャッシングができます。

キャッシングの申込みは誰でも可能?

20歳ならキャッシングの申込みをできる所がありますが、それ以下の場合は難しいです。理由は法律で決められている、安定した収入を得ていないなどです。日本には中学卒業してすぐに働き始める人もいますが、毎月収入を得ていたとしても法律上契約できません。ただ、学生ローンを用いてキャッシングをする場合は、18歳になれば申込めます。保護者か家族の誰かに保証人になってもらう必要があるので、どうしてもお金を借りたい時は頼んでみると良いでしょう。借入限度額は約10万となっていますが、学校を卒業し社会人になれば限度額を増額してくれます。

怪我か病気で退職して、家で療養中の人がキャッシングの申込みをしたとします。収入を得ていなくても、今迄働いていたので貯金があるため審査は通過可能です。借入限度額は低めに設定されますが、身の回りの品を買う程度で済むと予想されるので問題ないです。

主婦がキャッシングを申込む場合は、学生ローンと同じで身内に該当する誰かが保証人として必要になります。夫か主婦の両親辺りが最適なので、お金を借りる理由をきちんと述べてお願いすると良いです。保証人達の直筆の許可証を用意する、あるいは一緒に金融会社に来てもらえれば、金融会社も納得するのでキャッシングを利用できるようになります。

結婚資金の調達なら楽天銀行ブライダルローンがおすすめ

楽天銀行では使いみち自由なカードローンに加えて、結婚資金をお得に調達できるブライダルローンの取り扱いがあります。結婚式や披露宴を盛大に挙げたいけれど貯金が足りないという人には強く利用をおすすめできます。

楽天銀行ブライダルローンは融資限度額が最高で300万円とゆとりのある借り入れが可能ですし、金利は2017年11月22日時点で固定性の年7.0%となっているので契約的な返済がしやすくなっています。

また借入金額が50万円以下の場合、月々の返済金額は1万円となるので、ある程度まとまった額を借り入れた場合でも無理のない返済ができるという特徴があります。

なお、契約の際には本人確認書類や収入証明書類に加えて資金使途証明書類も必要となります。

アコムのACマスターカードはキャッシュバックでお得!

キャッシングの検討時に少しでもお得なサービスを受けられるかは重要です。無利息サービスや会員サービスが充実しているかは、チェックポイントであり、無駄な出費は減らしたいと考えます。ですが無利息サービスは新規申し込み時の一回だけ、ポイントサービスはなかなかポイントが貯まらないなどの問題があります。クレジットカード会社の場合、商品や商品券に交換できるものの、還元率が悪く、ポイントが失効してしまい無駄になることもあります。

ですが、アコムのACマスターカードなら現金キャッシュバックとなり、無駄がなく、毎月決まった出費があるならお得です。利用金額の0.25%がキャッシュバックされるため、割引が無い水道光熱費も安くすることが出来ます。

また、毎月の支払日までに支払いを済ませることで、無駄な手数料も発生しないのはメリットなります。現金キャッシュバックという、目に見えたサービスとなるため、お得感があり、ポイントサービスのように失効してしまい利用出来ないという問題もなくなります。キャッシング自体は、利息が高くなるものの、このクレジットカードなら持っていても損はないものと言えます。少しでも、支払金額を減らしたい方にはおすすめです。