三井住友銀行のカードローンの申し込み方は?

三井住友銀行のカードローンは低金利で限度額が高く設定されているのでお金を借りやすいとネットの口コミで高い評価を受けています。最近では利用者も増え続けていますが、申し込み方が分からない人も少なくないでしょう。そこで三井住友銀行のカードローンはどのように申し込む事が出来るのか見ていく事にしましょう。

三井住友銀行の店舗内にローン契約機が設置されています。消費者金融の自動契約機にようなものでカードローンの申込手続きをする事が出来ます。タッチパネルの指示に従って操作すれば手続きが完了するのでローン契約機を利用して申し込む人が多いです。また三井住友銀行のカードローンはインターネットバンキングでの申し込みも可能となっています。店舗に出向くのが面倒な人は利用してみるといいでしょう。

楽天ローンのメリット

楽天銀行のスーパーローンは、メリットたくさんでとてもオススメなローンです。

楽天銀行はネット銀行ならではのお得な金利となっていますし、手続きがとにかく簡単にできるのです。

ローンの申し込みってあれこれ契約書書いたりするのが面倒ですよね。

けれど、楽天ローンならスマホで全てが完結してしまうんです。

もちろん、必要書類の提出も楽天銀行アプリからできるので忙しい人でも隙間時間に申し込めて非常にありがたいローンです。

そんな楽天ローン、成人していて収入があればパートやアルバイトでも申し込みができます。

契約しておけばいつでも借り入れできるようになるし年会費など一切かからないので、急な出費に備えて申し込みだけしておいても良いですね。

即日融資を希望するなら、モビットがおすすめ

消費者金融のキャッシングのメリットは、審査スピードが速いことです。即日融資を希望するなら、銀行ではなく、消費者金融の方が確実、というのは常識といってもいいでしょう。

消費者金融の中でも、特にスピーディな対応をしているのがモビットです。

モビットの審査の特徴は、「10秒簡易審査」です。モビットのサイトで、氏名や勤務状況など必要事項を入力すると、最短10秒で結果がわかります。この簡易審査は、他社で行っている「お借り入れ診断」とは違って、本審査に結び付くプレ審査となっているのが特徴です。お借り入れ診断では、申込みできますよ、という程度の結果しかわかりませんが、モビットの簡易審査ではかなり正確な結果が得られるので、審査待ち時間の落ち着かない気分を解消してくれます。

モビットは、会社発行の健康保険証がある等、いくつかの条件をクリアしていれば、WEB上で全ての手続きを完了できる「WEB完結」というサービスも行っているので、来店不要での即日融資も可能です。

アコムが初めてやったこととは

アコムといえば消費者金融最大手であり、使ったことがない人でも聞いたことがある人のほうが多いでしょう。街中にはアコムの看板があり、無人の貸付契約機などがあるからです。実はこの無人の貸付契約機というのはアコムが初めて作ったものであり、これが業界を大きくすることに非常に役に立ったとされています。

対面式ではない、ということになりますから、かなり心理的にハードルを低くしてもらうことができた、ということがあります。このようにアコムはまさに消費者金融界のリーディングカンパニーであった、ということになります。実際、今でもキャッシングをしようとするときには一つの選択肢に入るような消費者金融であるといえるのは確かでしょう。

アコムで提供している便利なサービス

消費者金融のアコムでは、マスターカードでのクレジットカードを作ることも可能です。アコムは、日本国内では唯一の、マスターカードがライセンスを付与している消費者金融業者となっています。キャッシングができるだけでなく、クレジットカードも使用することができるのは大変便利です。

さらに、初回の契約時は、30日間が金利0円となっているのも、アコムの便利なポイントです。契約後にすぐ全額返済ができる場合は、この金利0円を利用すれば、おとくにキャッシングをすることが可能です。24時間365日受付をしているアコムでは、借り入れ可能かどうか、WEBで「3秒診断」を行っています。

気になる場合は「3秒診断」をぜひ利用してみましょう。

新生銀行レイクのカードローンは、借り入れも返済もATM手数料が無料

カードローンを利用した場合、毎月の返済にはATMを利用するという人が圧倒的に多いようです。大手消費者金融では自社のATM・提携銀行ATMの他、コンビニのATMも利用できるため、利便性が高くなっていますが、コンビニのATMは、借り入れ・返済どちらの場合も、利用金額に応じて手数料が発生します。

毎月返済の度に手数料がかかっては、利息に加算されているのと同じことになっています。カードローンの申し込み先を決める場合は、手数料なしで利用できるATMが近くにあるかどうかも重要なポイントの一つです。

新生銀行レイクのカードローンは、コンビニのATMをはじめ、提携銀行のATMも手数料無料で利用できます。ローソンやファミリーマートのATMの他、セブン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行のATMが無料で利用できるので、いつどこでも手数料なしで返済可能と言ってもいいでしょう。

アコムのメリットは、キャッシング機能付きクレジットカード

大手消費者金融のキャッシングを利用した場合、サービスについてはどこを選んでも、実はそれほど大きな違いはありません。そのため、自宅近くに自動契約機がある、提携銀行に口座を持っている、等の理由で選ぶ人が多いのではないかと思います。

そんな中、アコムには、アコムだけのオリジナルのサービスがあります。それは、ACマスターカードというクレジットカードを発行してもらえることです。

キャッシング機能とクレジット機能が一体型になっているので、1枚で両用でき、しかも年会費は無料です。国際ブランドのマスターがついているので、海外でも利用できます。アコムの自動契約機むじんくんで即日発行も可能です。

キャッシングをしたいけれど、クレジットカードも作りたいという方には、アコムはおすすめの消費者金融です。

アコムの無人契約機で契約をしました。

専門学校の入学金の支払いで10万円足りなく、アコムさんで借り入れをしたときの事です。

当時、25歳だった私は、キャッシング借り入れなどについてこわいイメージしかありませんでした。

戦々恐々としながら、最寄りのアコムの無人契約機に入りました。アコムを選んだ理由はよくCMなどで見かけたからです。

アコムの無人契約機の中は無人契約機と椅子。横には、パンフレットなどが置いてありました。

ドキドキしながら、着席。待っているとオペレーターの方に繋がりました。オペレーターの方は女性でとても落ち着いた声音を持っている方でした。

そして、借り入れ審査スタートです。なぜ借りたいのか職業は何なのか、いくらまで借りたいかなどの質問を受けました。

その時も、専門学校の入学金が足りないことを言うと親身になってお話を聞いてくださいました。

そして、身分証と給料明細を無人契約機のスキャナーにセットし、スキャンをしました。

審査のため、少々お待ちくださいと言われ、20分くらい待ちました。そして、再びオペレーターさんと繋がり融資可能だと言われました。

借入額も10万希望だったのですが、40万まで融資可能だと言われ即決。

無事、入学資金を払うことができました。

審査から、借入まで一時間もかからずとてもスピーディーに借り入れができました。疑問点なども一つ一つ丁寧に答えてもらい本当に気持ちの良い借り入れができたと思っております。

アコムでキャッシングをする時に電話連絡をなくすための対策

アコムはWEB完結申込を利用すると電話連絡がほとんどなくなると言われていますが、場合によっては電話連絡をしてくる事があります。そこでアコムで電話連絡をなくすためにはどのような対策をしていけばいいのか見ていく事にしましょう。

アコムで電話連絡が来る時はまず返済期日までに支払いが完了していない時です。返済期日までに返済していないと滞納扱いになってしまうので電話連絡をしてきます。電話連絡をなくすためには返済期日までにしっかし支払いを完了させておく事が大切になってきます。

次に個人情報や勤務先情報に変更があって伝えていないと電話連絡をしてきます。電話連絡をなくすためには個人情報や勤務先情報に変更があった時にすぐにアコムに伝えるようにしましょう。

アイフルでは教育ローンの取扱いもある

消費者金融が取り扱う金融サービスといえば、借入金の使途が自由なカードローンやキャッシングサービス、他社債務の借り換えに便利なおまとめローンなどが有名であり、資金使途が限られているものの低金利でお得な借り入れができる、自動車ローン等の目的型ローンの取扱いはほとんどないのが実情です。

そんな中、アイフルではカードローン等のローンに加えて、教育ローンなどの目的ローンの取り扱いもあるので、目的を持ってお得な借入がしたいという場合に利用を強くおすすめします。

アイフルの教育ローンの内容を見てみますと、2017年10月17日時点で、利用限度額は100万円、実質年率は9.8%から12.0%となっています。一般的な消費者金融のカードローンの上限実質年率が18.0%であることを考えると、かなりの低金利と言えますね。