キャッシングの利息は実際にはどれくらい?

キャッシングの利息は年利15%や18%といった形で提示されていますが、例えば10万円を借りた場合にはどれくらい利息が掛かるのでしょうか。

普通に考えると、年利15%なら1年間でちょうど15,000円の利息が掛かると思ってしまうかも知れませんが、これは大きな間違いです。

キャッシングの返済は原則的に月に一度行わなくてはいけないので、その都度借り入れを行った元金は減っていきます。利息はその元金から算出される為、返済を行う度にその後に発生する利息も減っていくのです。

よって、月に一度の12回払いで10万円を借りると、年利15%の利息の場合、合計して返済する金額は108,304円になります。このうちの10万円は元金の為、利息は8,304円です。このように、元金の15%がそのまま掛かるという訳ではないのです。

年利18%では、合計して返済する金額は110,011円になります。この場合の利息分は10,011円です。実質的に支払う利率にすると、約10%だと表現していいでしょう。

このような例を見てみると、考えていたより安いと思うかも知れません。少なくとも提示されている年利15%や18%といった数字そのままではないので、その数字だけを見て、高いと考えてしまうのは間違いなのです。

無利息で利用することができるカードローンとは

無利息で使えるカードローンというのが実はいくつもあります。ですから、そうしたものを積極的に利用することがお勧め出来るでしょう。当たり前ですが業者は利息収入が利益になっています。それが無利息で貸すということは一体どうなっているのか、となることでしょう。

実に簡単なことであり、最初に自分のところから借りて欲しい、と思っているわけです。そうしたところがありますから、まずはそこから借りることがお勧め出来るでしょう。カードローン業者の多くがそうしたキャンペーンをしていますから、非常に探すことは難しくないといえるでしょう。

そうしたところを利用することがベストであるといえるでしょう。焦ることはありませんが、とにかく、しっかりとした業者から借りるようにしましょう。はっきりいって、カードローンのカードは特に持っていることにデメリットがないのです。つまりは、できるだけ発行しておいたほうがよい、となります。

いつでも利用できる資金源とすることができますから、そのあたりはよくよく知っておくとよいでしょう。維持する費用も特に必要ないとなっていますから、かなり安心して持っていることが基本的にはカードローンは可能になっています。

キャッシング時の利率

私は現在までの4年間キャシングを有効的に活用しておりますが初めてキャシングをする際に一番気になったことは返済時の利率となります。そのため初めてキャッシングをする際は相当の利率がかかることを覚悟しました。しかし、10万円をキャシングして3ヶ月で返済を行いましたが自身が想像していたよりも利子がとられませんでした。

その後キャッシングサイト等を調べると年利4%~18%等の数字が書かれておりますがこれはキャッシング時したときから1年後に払う利子の総額利率となります。そのため私の10万円を例にあげると10万円と一年間一度も返済しなかった場合に1万8千円(年利18%)かかることになります。

一ヶ月にすると2000円かかりません。もちろん計画的に返済を行っていけば元金が減るわけなので利子が減っていきます。キャッシングは計画的に使用、返済していくことで少しの利子はかかってしまうものの大変便利な機能となります。

キャッシングの利息はどうやって決まるのか

キャッシングをしたら利息つきで返済しなくてはいけない、これはみなさんご存知かと思います。でもその利息はどのような基準でつくのか、知らない人も多いのではないでしょうか。ですからキャッシングの際の利息というのはどのようにして決まるのかということを、みなさんに解説したいと思います。

まず利息はカードローンやクレジットカードごとに上限と下限が異なっています。その上限と下限の間を決めるのは、自身の信用だったり借り入れ金額などです。一概にこのケースでは必ず利息が何パーセントである、などそういったことは言えません。人によって同じ金額を同じところから借りても、利息が違ってくるケースがあります。

ですから基本的には、金融会社などが定める上限と下限の間で、自身の信用によって利息は決まるというふうに覚えておきましょう。そうすれば間違いはないと言えるでしょう。返済シミュレーションなどのサービスを利用してみるのも、利息を知る良い手段です。