消費者金融で即日融資をうけてみて

お金を友人や親から借りる場合すぐに借りると言うのはなかなか難しいです。やはり知り合いの場合は借りるまでのやり取りが面倒だと思います。なぜ必要なのかと説明をするのもなかなか恥ずかしいものがあります。その点、消費者金融などは即日融資してもらえます。

審査も簡単できちんと収入があるのであれば融資はすぐにしてもらえます。私も結婚式などの出費が多い時は、消費者金融に何回か頼ったことがあります。次の給料日に返済を全てできるので、無利子期間の間でお金が返せて特に問題はありませんでした。誰にも迷惑をかけることなくお金の問題が解決してよかったです。何よりすぐに借りれるというのが簡単でとても便利です。また何かあれば返済できる金額を借りると思います。

キャッシングは、雇用形態によっても差がでる

キャッシングとは、カードでお金を借りることです。通常借りる額が少額である場合に使われます。

お金を借りると言ってもどのような人でもお金を借りることができるわけではありません。借りる前には、審査があります。審査は、消費者金融のように簡単なものから、銀行のように厳しいものまで様々あります。お金を貸す側からすると一番困ることは貸したお金が帰ってこないことです。貸し倒れと言います。

資力がない場合は、貸し出しを拒否される場合があります。例えば、アルバイトだけで生活しているフリーターのような場合です。フリーターの場合は、たとえ月収が20万円あったとしても、少額しか貸してもらえません。なぜなら、アルバイトと言う雇用形態は安定していないからです。

企業からすると、少数の正社員と多数のパートアルバイトで回した方が、景気の変動に対して柔軟に対応できます。景気の変動は、リーマンショック以降激しくなっています。一時期ほどではないですが、正社員といえどもリストラの対象になることもあります。アルバイトに関しては、正社員以上にきられる可能性があると言わざるを得ません。

正社員は、アルバイトより会社を辞めて無収入になる可能性は低いです。したがって、貸す側も安心と言うことになり、審査も通りやすいです。

家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法

消費者金融を利用してお金を借りる事が出来ると金欠の状態を解消する事が出来ますが、家族や友人にバレてしまい気まずくなってしまう事もあります。消費者金融を利用してお金を借りる時は家族や友人に内緒にしたいものですが、申込方法によってはバレてしまいます。そこで家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法を挙げていく事にしましょう。

・WEB完結申込

スマホの普及によって消費者金融もネット上ですべての手続きを完結するWEB完結申込を利用する事が出来るようになっています。ネット上での手続きになるのでスマホを持っていれば自分の都合の良い時間にどの場所にいても手続きをする事が出来ます。家族や友人に見られる事もないので内緒にしたい時はオススメの申込方法です。

・電話

消費者金融の申し込みを電話でするのは時代遅れのような気もしますが、電話は誰もいない場所でもかける事が出来るので家族や友人に内緒にしたい時はオススメの申込方法です。分からない点があった時はスタッフと直接会話をして聞く事が出来るのでスムーズに手続きを済ませる事が出来ます。

家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法はWEB完結申込と電話が挙げられるので自分の都合の良い方法を選んで申し込みをするといいでしょう。

銀行ローンの審査で有利になってくる人

銀行ローンは、申し込みに適した人が存在しています。

まず、銀行は利息が低くなっている代わりに、審査が比較的厳しく行われるので、安定的な仕事に就いていることが重要になってきます。パートやアルバイトでも融資を受けられる業者もありますが、銀行によっては正規社員のみへの融資に限っている場合もあるので注意してください。逆に言えば、正社員として勤務している人であれば、審査に通りやすくなってきます。

また、働いている人によって、一般企業に勤めている人もいれば公務員として働いている人まで存在しています。銀行ローンへの申し込みの際に有利になってくるのが公務員です。公務員は、職が安定しておりリストラの心配もありません。個人的な事情がない限り、仕事を辞める可能性も低くなっています。また、ボーナスを支給されるなど金銭的な余裕があるとみられるため、審査に申し込みした際に融資を受けやすくなるのです。

この条件に当てはまっている人であれば、銀行ローンを利用しやすくなるでしょう。

ただし、いくら公務員として勤務していても、複数の金融業者から融資を受けていたり、返済の遅延を起こしていれば、融資を受けることはできません。お金を借りるからには自覚をもって返済しましょう。

銀行カードローンで審査が通過したのに契約出来ないことがあるのか?

銀行カードローンは消費者金融に比べ金利が低いだけでなく、都市銀行や地方銀行など金利優遇サービスが追加されるなどメリットと魅力があります。しかし、銀行カードローンで審査が通過したのに契約出来ないことがあるのか疑問に思う方もいる筈です。

そもそも、審査に通過すれば殆ど間違いなく契約出来ると思いがちですが、2つの問題が疑われた場合、審査結果が取り消され、契約が出来ないという事態を招きます。その問題点は、銀行口座の凍結情報および反社会的勢力との関係性が疑われた場合となります。

銀行カードローンの場合、返済を行う上で銀行口座の開設が必要になります。その際、過去に銀行口座が凍結されている場合、新たに口座開設が出来ないため契約が出来なくなります。銀行口座を凍結された場合、同一名義人の口座が全て凍結される可能性も生じます。

特に闇金融などからお金を借りてしまい、口座情報を教えてしまうと『押し貸し屋』と呼ばれる闇金に口座が悪用され、借りてもいない現金が振り込まれるだけでなく、犯罪行為に加担したことになってしまいます。この際に振り込まれた現金は、別の闇金利用者が返済で振り込んだ現金である可能性が高く、意図しないことで口座が凍結されてしまいます。

また、もう一つの反社会的勢力との関係性ですが、銀行では暴力団排除条項を設けており、如何なる場合に於いても取引をしない、または関わらないこととしています。そのため、家族や親類縁者が反社会的勢力との関係性が疑われた場合は契約以前の問題となります。また、実際に関係があった場合、身分を偽って申し込みを行ったと見做され、発覚した時点で除外対象になってしまいます。

キャッシングの申込み時には年齢確認を行いたい

キャッシングを申込む人は、学生から定年退職後の人まで様々です。多くの銀行カードローンが満20歳~満65歳迄を対象にしていますが、地方銀行の一部ではシニア向けのプランとして75歳まで利用可能な商品が登場しています。注意点として、安定した収入が必要なカードローン申込みに対して、年金収入を含むかどうかは金融機関によって取扱が異なります。学生が行なう借入とは異なり、シニア世代が申込む際には、最終的に何歳まで借入が出来るかが重要です。

返済計画をしっかり立てた上で行なうキャッシングならば、本来は何歳になっても利用可能としても良いでしょう。しかし、高齢化社会を迎えたとはいえ無担保で行なうカードローンには、回収不能となるリスクが常につきまといます。

そこで、健康的に働ける年齢に限ってカードローンの貸付対象とする金融機関が多くなるわけです。年金支給開始年齢が徐々に繰り下げられている状況下では、定年退職を60歳で迎えてしまうと、年金支給開始年齢までの数年間が苦しい状況となりかねません。

厚生年金に長年加入していれば、年金支給開始年齢以後は生活が楽になると感じられるものの、それまでの空白期間にアルバイトだけで生計を立てることに苦しさを感じてしまう人が少なくありません。

消費者金融の簡易審査で判定出来ないこととは?

大手消費者金融のキャッシング契約を検討する際、審査に通過出来るかどうかを事前に把握することが可能になっています。その方法としては、簡易審査や◯秒審査といったサービスになるものの、この判定からは把握し切れないといった点があります。判定自体は、年齢または生年月日、年収、そして他社借入金額となっています。

消費者金融のキャッシングの場合、総量規制により年収の1/3までしか借り入れ出来ないこと、他社からの借り入れ金額を合わせ100万円が超える場合や50万円を超える借り入れは所得証明書類は必要になります。そのため、簡易判定においては、これらに該当しないということで審査通過率が高いという判定になります。

しかし、この判定に於ける問題点としては、他社借入件数の項目が無いことであり、銀行カードローンの簡易判定ではその項目があります。そのため、どの程度の借り入れ件数があると審査落ちするのかも把握することが可能です。

ですが、消費者金融の簡易判定の場合、他社借入件数の限界ラインが把握することが出来ず、審査落ちするリスクを事前に把握出来なくなっています。ですが、消費者金融の多くは銀行カードローンの保証会社となっていることが多く、他社借入件数の上限ラインも殆ど同じと考えることが可能です。そのため、消費者金融でも他社借入件数は4件を超えると審査が通り難くなると認識しておくことをおすすめします。

カードローン審査の難易度

キャッシングの審査に通りたいけど、どこの審査が甘いのかわからないという方の為に、キャッシングの審査の基本方式について解説します。

まず、貸金業法で定めるキャッシングは、業態で行けばクレジットカードのキャッシング>大手消費者金融のキャッシング>中小消費者金融のキャッシングの順に難易度が下がっていきます。これらの業態の金利は利息制限法ギリギリである15.0%~18.0%がほとんど採用されていますので、特に金利に差はありません。しかし審査においては会社ごとに違いがあります。

クレジットカード会社のキャッシングはクレジットカードを申し込んだ時に付帯されていますので、実質的にはカード申込の状態で審査はすでに終わっています。

大手消費者金融の審査通過率は、アコム、アイフルが47~48%付近、プロミスが42%~43%付近の推移ですので大手消費者金融ではアコム、アイフルの方が審査は緩い構図になっています。

それよりも更に審査が緩いとされるのは中小消費者金融です。

ただし、大手消費者金融で借りた場合で既に年収の3分の1である総量規制に抵触するのであれば、それ以上借りる事は出来ませんのであきらめなければいけません。

楽天スーパーローンは本当に早かった

このたび、一身上の理由により、一時的にまとまったお金が必要になりました。でも事情があって旦那さんの名義では借りることができなくて、どうしても専業主婦の私の名義でお金を集めなければなりませんでした。そこでいろいろと調べたのですが、なかなかパートもしていない専業主婦だと、お金を貸してくれるところがありませんでした。

そんな中、楽天のスーパーローンは専業主婦でもOKということだったので、さっそく申し込みしてみました。即日融資とかいてあったのですが、本当かな…と不安に思っていると、お昼に申し込んでから夕方には本人確認の電話あがりました。そして、これから、本審査に入りますということで、身分証明書をアプリでおくるようにいわれ、写真をとって、アプリを起動して送りました。

それから数時間後には電話連絡がきて、承認されました。そして、すぐに借りたいというと、すぐに振り込みます、ということで、本当にすぐに振り込んでくれました。私は申し込んだのがお昼すぎだったので、入金は翌日になったのですが、朝一で申し込みすれば、本当に即日融資もしてくれると思います。本当に急いでいる人には、楽天スーパーローンはすごくありがたいと思います。

自宅への電話連絡なし、郵便物なしのキャッシングサービス

消費者金融を利用する時に自宅に電話がかかってきたり、郵送物が届いてしまうと家族にバレてしまうという不安があります。そういう時には自宅への電話連絡なし、郵便物なしのキャッシングサービスを利用すると安心して利用する事が出来ます。各業者ともいといとな方法があるので見ていきましょう。

アコムの場合は電話連絡を携帯電話にするように伝えておくとすぐに対応してくれます。またカードを受け取る時はむじんくんで受け取ると郵送物は一切送られてきません。

プロミスの場合は電話かメールのやり取りなのですが電話する時は必ず携帯電話にかけてきます。そのため自宅の電話にかかってくる事はありません。またカードを受け取る時は自動契約機か三井住友銀行のローン契約機で受け取ると郵送物は一切送られてきません。

モビットの場合はWeb完結申込で申し込んでしまえば手続きがすべてインターネット上で出来るので自宅への電話連絡や郵送物は一切ありません。

各業者とも利用者の立場のしっかり考えてサービスを提供しているので有効活用するといいでしょう。