キャッシングの申込み前の心構え

キャッシングの申込みを有利に進めるには、借入できそうな金融機関を選ぶことが大切です。学生・主婦OKのローンは審査に通過しやすいと考えてよいでしょう。あとは即日融資・30日間の無利息などをアピールしているローンがおすすめです。ローンの通過率は一律設定ではなく、申込者の属性、希望額、時期などによって変わります。返済能力を超えないように借入診断をしてから申込みするのが得策です。

他社のローンを利用している方は、無理をしない借入額に抑えることが大切です。2件以上の借入件数になると審査がシビアになってくるので、金融機関側に相談してみましょう。簡単な回答に答えるだけで、融資可能か大まかにわかります。借りてすぐに返済する借り方なら、数%の金利の差にはあまりこだわる必要はないでしょう。

カードローンと銀行ローンの利点を比べて使い分ける

カードローンの契約があれば、利用限度額の範囲内で繰り返し何度でも借入と返済を行えます。必要な時に必要な額だけ借入を行って、約定返済日に最小返済額以上を返せば良いので、余裕がある月には随時返済として多くの金額を返済しても問題ありません。その代わり、金利設定が特に消費者金融では利息制限法で定められている法定金利ギリギリというケースが多く、利便性と金利設定は相反する状態です。

銀行カードローンを選べば、消費者金融よりは低金利で借入が出来るものの、目的別ローンとは比較にならないほど金利が高いことに変わりありません。カードローンは、必要な時に必要な金額を借入する方法です。

一方、銀行ローンは、借入希望額について審査を行い、審査に通過した際には一括で融資を受けます。証書貸付と呼ばれている方法が採用されているので、返済方式は元利均等返済が一般的です。

まとめて借入を行って、計画的に定額返済を続けることになるので、繰り上げ返済は双方の合意が得られた場合のみ行われて、証書の作り変えが必要となる関係で手数料が必要となります。低金利で融資を受けられる代わりに、余裕がある月であっても一方的に繰り上げ返済を行なうことは出来ないわけです。

自動契約機でのキャッシングはバレないために行なう

自動契約機を利用したキャッシングは、家族を含めた周囲の人にカードローン利用がバレないようにするために利用出来ます。自動契約機コーナーは、全国に多数設置されているので、大手消費者金融と一部銀行の中から契約したいカードローンがあれば、申し込み可能です。

問題となるのは、自動契約機コーナーへ出入りする際に、知人や友人に見られてしまわないかという点でしょう。自動契約機は、生活圏を離れた場所であっても利用出来るので、コールセンターへ電話連絡して先に普段知り合いが立ち寄らないと考えられる離れた地域の自動契約機について情報を教えてもらう方法もあります。

また、カードローン契約はインターネット経由で申し込み出来るので、自宅に専用ローンカードが届いてしまわないように、カード受け取り場所を自動契約機希望とする方法も有効です。消費者金融にとっても、郵送にかかる費用を節約出来るだけでなく、本人確認書類確認時にカメラ経由で本人だと確かめることが出来るメリットがあります。

契約場所として離れた地域の自動契約機を探すよりも、審査に通過した上で知り合いに見つかりたくないからという理由で離れた地域の自動契約機コーナーを利用すれば、金融業者にとっても納得してもらいやすいです。

大手消費者金融の店頭でのキャッシング

大手消費者金融では店頭からでも申込みを行うことができます。しかし、現在では各社ともこの実店舗はほとんど存在していません。プロミスではATMや自動契約機が設置されている無人店舗は全国に約1200も存在しますが、有人店舗は20もありません。アコムも1000を超える無人店舗を構えていますが、有人店舗は30数店舗という具合です。

よって、この有人店舗の店頭からのキャッシングは現在ではあまり現実的ではなく、ネットや自動契約機からの申込みがほとんどになっています。また、この店頭からは直接キャッシングができない消費者金融もあるくらいです。

プロミスとアコムは店頭からの申込み、及びキャッシング共に行えますが、アイフルでは店頭でのキャッシングは取り扱っていません。よって、申込みこそ行えますが、キャッシングは審査に合格後にその場で発行されるカードを使って同店舗内にあるATMから行うことになります

また、モビットも三大大手に次ぐ存在ですが、このモビットには実店舗というもの自体が一切なく、自動契約機の設置されている無人店舗が全国に約600存在するだけです。

このように、それほど現在では実店舗はユーザーから求められていないと言ってもいいかも知れません。すぐ近隣にちょうど存在する場合は別ですが、無理に実店舗の利用を考える必要はないでしょう。

キャッシングで自動車を購入する場合に注意したいことは?

銀行や大手消費者金融のキャッシングは、利用目的が事業性資金でなければ、自由に利用することが出来ます。教育費用やブライダル費用、そして自動車の購入費用に充てることが可能です。キャッシングローンの中には、教育費用に特化したものもあり、一般的なカードローンよりも金利が低く設定されていることがあります。

そして、ブライダル費用であれば、ご祝儀や会費制結婚式により後で一括返済することも可能です。一方、自動車の購入費用に充てる場合、金利が非常に高くなってしまい、銀行の自動車ローンの3~5倍またはディーラーローンの2~3倍ほどの金利になってしまい、将来的に支払う利息が高くなってしまいます。

そのため、自動車ローンの審査が通らなかった場合、キャッシングローンの選択が重要になります。ここで注目したいのが、カードローンではなく、フリーローンです。フリーローンの場合、追加借り入れが出来ない反面、金利が10%以下のものが多くなっています。繰り上げ返済を行うことで、さらに実質的な金利が下がるため、返済効率によってはディーラーローンと遜色がなくなります。

また、毎月の返済額がカードローンに比べて高く設定されており、短期間での返済も可能になっています。キャッシングでも自動車購入は可能なものの、商品の特徴をしっかりと知っておくことが重要になります。

即日にお金が借りられるキャッシング

お金は非常に大切なものですが、いざというときに手持ちがないということも多くあります。少し待てば収入を得ることができるもののどうしてもそこまで待ってしまうといけないという状況の時に便利なものがキャッシングです。キャッシングは銀行やカード会社が発行をしているカードを利用して現金を引き出す方法であり、簡単に行うことができることからとても人気のある方法です。

キャッシングのメリットは即日でお金を借りることができるということです。通常お金を借りるとなるとお金を貸す側も返済をしてもらうことができるのかどうかを見極めるために審査を行います。この審査には時間がかかることが多く、借りる金額が大きくなればなるほど時間がかかる傾向があります。

しかし、キャッシングは、すでに審査が完了をした状態でカードが発行をされています。そのため、カードを最寄りの銀行やコンビニエンスストアにあるATMに差し込んで暗証番号や必要な金額を入力して行くと簡単に現金を引き出すことができるようになっています。クレジットカードで商品を購入する代わりに現金を手に入れることができると考えれば早いです。このように必要な時にすぐに現金が入るのがメリットです。

消費者金融の申し込みを自動契約機で行う2つのメリット

“消費者金融は自動契約機かネットで申し込む事が出来ますが、最近ではスマホが普及してきているのでネットで申し込む人の方が多いです。
来店不要でお金を借りる事が出来るので利便性が高いのがメリットになりますが、自動契約機で申し込みをした方がメリットになる点もあります。

そこで消費者金融の申し込みを自動契約機で行うメリットを挙げていく事にしましょう。

・オペレーターと会話が出来る

消費者金融の申し込みをネットで行う時に分からない点があった時は自分で調べなければいけません。中には調べても分からない事があるのでお金を借りるまで時間がかかってしまう事もあります。しかし自動契約機で申し込みをする時は電話が設置されているので分からない点があった時はオペレーターと会話して質問する事が出来ます。それによりスムーズに手続きを済ませる事が出来るのでお金を借りるのも早くなります。

・確実性がある

消費者金融の申し込みをネットで行う時は手続きのミスなどが多いので不便に感じてしまう事もあります。しかし自動契約機で申し込む時は手続きのミスなどはほとんどないので確実性があります。それにより安心してキャッシングの申し込む事が出来るのでメリットに感じる人も多いです。”

自動契約機でキャッシング申し込みする時に注意すること

消費者金融のキャッシング申し込みを行なう際には、インターネット経由で行なうと手間が少ないですが、急いでいたり偶々自動契約機コーナーがある場所を知っていれば、直接向かう方法もあります。申込書を記入してテレビ電話で説明を聞きながら手続きを進めることになりますが、初めて向かう場所だけに緊張して話をよく聞かずに署名してしまう人が少なくありません。

自動契約機コーナーでは、重要事項説明をモニター越しで対面にて行なうようになっているので、疑問点があればその場で確認することが出来ます。しかし、実際にメモを取って大切なことを書き逃さないように気を付けている人は少ないという現実があります。

自動契約コーナーに向かう前には、必要な収入証明書類などをコールセンターで確認することが大切です。申し込み受け付け開始時には、最小限必要な物を確認されますが、審査に通過するかどうか微妙な場合には、追加で収入証明書類が必要となることも少なくありません。

コールセンターへ事前に相談してから必要となりそうな物を全て持参することが出来れば、安心して審査を受けられるでしょう。自宅でインターネット経由の申し込みを行えば、審査結果が出るまで自宅で待機可能です。自動契約機コーナーへは専用ローンカードの受け取りのみを行なった方が、気分的にも楽になるでしょう。

主婦であろうともキャッシングは

総量規制というのができてから、主婦はなかなかキャッシングがしにくい状況になっていることは確かであるといえるでしょう。ですから、どうしても借りにくいようになってしまったわけですが、それでも不可能ではないのです。具体的にいいますとまずは配偶者貸付というのがあります。これは配偶者の収入があればそれを総量規制に加えてよい、ということであり、非常に有難い制度であるといえます。但し、すべてのキャッシング業者がそうした制度を採用しているわけではなく、そうするかどうかは業者側の裁量に委ねられていることも確かです。

そのため、確実に借りることができる方法というのは存在しない、ということは理解しておいたほうがよいでしょう。銀行系のカードローンなどであればそれは関係ないのですが、そもそもそれでも銀行が収入がない人には貸さない、というシステムにしていることもありますから、こちらも確実ではないのです。しかし、主婦といってもパートをしているのであれば実は問題ないことになります。専業主婦はその人に収入がないのですがパートでもよいから働いているのであればその人には貸せることになります。決して限度額は高くないのですが、それでも可能になります。

三井住友銀行カードローンを利用する時の注意点

銀行のカードローンは融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いですが、三井住友銀行カードローンは店舗内に設置されているローン契約機で申し込みをすると即日融資を受ける事が出来ます。しかも上限金利も14.5%で消費者金融の18%に比べてかなり低い設定になっています。そのためお得感のあるカードローンですが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

ホームページから融資の依頼をして指定の口座に振り込んでもらう振込キャッシングを利用して借り入れをする事が主流になってきましたが、三井住友銀行カードローンは振込キャッシングでの借り入れをする事が出来ません。借り入れの時はATMかネットバンキングになりますが、ネットバンキングは三井住友銀行の口座を持っていないと利用する事は出来ません。

そのため基本的な借入方法はATMになるので覚えておきましょう。また三井住友銀行の口座を持っていないと口座引落での返済も出来ないので三井住友銀行の口座は事前に開設しておいた方がいいでしょう。