キャッシングでネックとなる本人確認

キャッシングの審査を通過するには、勤めている会社の本人確認を行う事が必要となります。申込用紙に書いた通りの会社に勤めているかを確認する事は、キャッシング審査の上で最も重要だと言えます。それは例えば、無職にも関わらず、サラリーマンだと偽る人もいるからです。

ただ、金融機関から勤務先へ電話が掛かってくる事は、キャッシングを申し込んだ本人にとっては心配な事です。いつ、どのような電話が掛かってくるのか?本人確認の電話以降、

上司から「借金か?仕事に支障をきたすなよ」とか、同僚から「俺に金の話を持ちかけるなよ」などと言われ、変な噂が職場に流れれば仕事どころではないですね。

特に、初めて借りる人なんかは、「電話の本人確認なしで契約できないの?」とか、「消費者金融に自分の会社を教えても本当に大丈夫だろうか?」、「会社を知られて、弱みを握られて、更に追い込まれる可能性すらあるのでは?」と心配する人もいるかもしれません。しかし金融機関の専任スタッフは、そうした事を不安に感じる本人の気持ちを受け止め、きちんと相談に乗ってくれます。借りる側が不安にならないように色々なサービスが用意されているのです。

基本的に、キャッシングの審査では、電話における本人の確認が必要となります。しかし、様々な理由も存在しますので、直近の給与明細や社員証など、本人確認できる書類を提出することで電話での本人確認を回避する事も可能なのです。会社に電話が出来ない人とは契約を結べないと言う訳ではないのです。

色々な心配事にも対応してくれるスタッフがいますので、キャッシングを検討している方は、一度相談されるのも良いと思います。