消費者金融の審査について

消費者金融の審査では属性審査や信用情報による審査、本人確認、在籍確認などが行われ、申込者の情報が嘘偽りなく提出されているかを確認後、返済能力の有無について判断されることになります。

属性審査についてはスコアリング方式で返済能力が評価され、一定の水準であれば顧客として招かれます。特に、属性審査では収入や勤務先、雇用形態が大きな比重を占めていると言われています。属性審査の評価基準というのは各消費者金融ごとで微妙に異なりますが、これは他社との差別化を図ることによりより優秀な顧客を獲得しようとしているためです。特定の消費者金融の審査が甘いと言われているのも優秀な顧客を獲得するための手段ということになります。

一方、信用情報については基本的にどの消費者金融も審査において重要視しています。というのも、金融会社は顧客との信用が成り立って初めて成立する商売だからです。信用情報とは過去の借り入れ状況に深く関係していて、3ヶ月以上の滞納をしていないか、または過去に債務整理を行っているかなどの有無により審査は大きく左右されると言われています。

属性審査で可決されるようなスコアを出したとしても、信用情報に傷がついては審査を通る確率は極端に低くなってしまいます。大手の消費者金融では信用情報について重要視している傾向にあり、信用情報一つで審査に落ちてしまったなんて方もたくさんいるわけです。ある程度期間が経てばそれらの情報も消去されますが、そのような方は申し込みをする消費者金融を変えてみるなどして、工夫を凝らすことも大切です。