銀行カードローンとおまとめローンは競合関係にある

おまとめローンという宣伝文句が謳われている金融商品には、貸金業法に基づく総量規制の例外として行われている債務者にとって一方的に有利な借り換えに該当するものが本来のおまとめローンです。しかし、銀行カードローンの中には、総量規制対象外という点に着目した実質的なおまとめローンとしての勧誘が行われています。

背景として、利息制限法では法定金利を貸付残高に応じて段階的に厳しくしているので、10万円以上100万円未満の法廷金利は18%ですが、100万円以上では法定金利が15%に下がる点を利用した借り換えが推奨されます。金利差3%は100万円を1年間借入した際には3万円の利息差を生むことになり、借入総額が大きいほど金利差による総利息減少が期待出来るわけです。

一見すると借り換え出来れば銀行カードローンと消費者金融のおまとめローンのどちらでも良いと思われます。しかし、最大の違いは追加借入の可否にあることを知った上で借入先を選ぶことが重要です。消費者金融のおまとめローンは、貸金業法に基づく総量規制の例外としての借り換えですから、おまとめローンへの借り換え後に新たな借入は制限されます。一方で銀行カードローンならば、あくまでも普通に利用限度額設定を行なっただけですから、返済後に必要に応じて追加借入も可能です。

自動契約機でキャッシング申し込みする時に注意すること

消費者金融のキャッシング申し込みを行なう際には、インターネット経由で行なうと手間が少ないですが、急いでいたり偶々自動契約機コーナーがある場所を知っていれば、直接向かう方法もあります。申込書を記入してテレビ電話で説明を聞きながら手続きを進めることになりますが、初めて向かう場所だけに緊張して話をよく聞かずに署名してしまう人が少なくありません。

自動契約機コーナーでは、重要事項説明をモニター越しで対面にて行なうようになっているので、疑問点があればその場で確認することが出来ます。しかし、実際にメモを取って大切なことを書き逃さないように気を付けている人は少ないという現実があります。

自動契約コーナーに向かう前には、必要な収入証明書類などをコールセンターで確認することが大切です。申し込み受け付け開始時には、最小限必要な物を確認されますが、審査に通過するかどうか微妙な場合には、追加で収入証明書類が必要となることも少なくありません。

コールセンターへ事前に相談してから必要となりそうな物を全て持参することが出来れば、安心して審査を受けられるでしょう。自宅でインターネット経由の申し込みを行えば、審査結果が出るまで自宅で待機可能です。自動契約機コーナーへは専用ローンカードの受け取りのみを行なった方が、気分的にも楽になるでしょう。

銀行ローンと消費者金融のキャッシングについて

銀行ローンのキャッシング審査は、2種類ある情報機関に照会して過去の借入状況や滞納などを調べ判断されます。延滞中は絶対に審査に落ちます。銀行系が駄目だったからといっても、ひと昔前と違い消費者金融のネームバリューは暗いイメージや体質ではないので、安心して借入するのも選択肢の一つだと思います。大手消費者金融自体が銀行の傘下にあるので、金利も昔のような高さもありません。

消費者金融の審査は情報機関1種類に、情報照会するので銀行系に比べると審査に通りやすいです。ただ延滞中や滞納歴、債務整理や自己破産などは審査に落ちます。

債務整理に関しては、ある一定の期間が経過していれば審査に通る消費者金融もあるようです。固定した場所で仕事をしていて在籍確認が取れ過去に延滞や延滞中がなければ、大抵は審査に通ると思います。

今の時代は色々なキャッシング会社がありますが、どこそこは審査が甘いとかいっても情報機関が同じなので、過去の実績が悪いと結果は同じになるようです。ただ、楽天ローンの審査に落ちたけどアコムは借入できたとか、その逆のパターンもあるようなのである程度の範囲では、会社によって審査基準が変わるようです。

自分のスタイルに合ったキャッシング、無理のないキャッシングさえすれば安心して便利に利用できると思います。