家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法

消費者金融を利用してお金を借りる事が出来ると金欠の状態を解消する事が出来ますが、家族や友人にバレてしまい気まずくなってしまう事もあります。消費者金融を利用してお金を借りる時は家族や友人に内緒にしたいものですが、申込方法によってはバレてしまいます。そこで家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法を挙げていく事にしましょう。

・WEB完結申込

スマホの普及によって消費者金融もネット上ですべての手続きを完結するWEB完結申込を利用する事が出来るようになっています。ネット上での手続きになるのでスマホを持っていれば自分の都合の良い時間にどの場所にいても手続きをする事が出来ます。家族や友人に見られる事もないので内緒にしたい時はオススメの申込方法です。

・電話

消費者金融の申し込みを電話でするのは時代遅れのような気もしますが、電話は誰もいない場所でもかける事が出来るので家族や友人に内緒にしたい時はオススメの申込方法です。分からない点があった時はスタッフと直接会話をして聞く事が出来るのでスムーズに手続きを済ませる事が出来ます。

家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法はWEB完結申込と電話が挙げられるので自分の都合の良い方法を選んで申し込みをするといいでしょう。

銀行ローンの審査で有利になってくる人

銀行ローンは、申し込みに適した人が存在しています。

まず、銀行は利息が低くなっている代わりに、審査が比較的厳しく行われるので、安定的な仕事に就いていることが重要になってきます。パートやアルバイトでも融資を受けられる業者もありますが、銀行によっては正規社員のみへの融資に限っている場合もあるので注意してください。逆に言えば、正社員として勤務している人であれば、審査に通りやすくなってきます。

また、働いている人によって、一般企業に勤めている人もいれば公務員として働いている人まで存在しています。銀行ローンへの申し込みの際に有利になってくるのが公務員です。公務員は、職が安定しておりリストラの心配もありません。個人的な事情がない限り、仕事を辞める可能性も低くなっています。また、ボーナスを支給されるなど金銭的な余裕があるとみられるため、審査に申し込みした際に融資を受けやすくなるのです。

この条件に当てはまっている人であれば、銀行ローンを利用しやすくなるでしょう。

ただし、いくら公務員として勤務していても、複数の金融業者から融資を受けていたり、返済の遅延を起こしていれば、融資を受けることはできません。お金を借りるからには自覚をもって返済しましょう。

キャッシングの利息は実際にはどれくらい?

キャッシングの利息は年利15%や18%といった形で提示されていますが、例えば10万円を借りた場合にはどれくらい利息が掛かるのでしょうか。

普通に考えると、年利15%なら1年間でちょうど15,000円の利息が掛かると思ってしまうかも知れませんが、これは大きな間違いです。

キャッシングの返済は原則的に月に一度行わなくてはいけないので、その都度借り入れを行った元金は減っていきます。利息はその元金から算出される為、返済を行う度にその後に発生する利息も減っていくのです。

よって、月に一度の12回払いで10万円を借りると、年利15%の利息の場合、合計して返済する金額は108,304円になります。このうちの10万円は元金の為、利息は8,304円です。このように、元金の15%がそのまま掛かるという訳ではないのです。

年利18%では、合計して返済する金額は110,011円になります。この場合の利息分は10,011円です。実質的に支払う利率にすると、約10%だと表現していいでしょう。

このような例を見てみると、考えていたより安いと思うかも知れません。少なくとも提示されている年利15%や18%といった数字そのままではないので、その数字だけを見て、高いと考えてしまうのは間違いなのです。