結婚資金の調達なら楽天銀行ブライダルローンがおすすめ

楽天銀行では使いみち自由なカードローンに加えて、結婚資金をお得に調達できるブライダルローンの取り扱いがあります。結婚式や披露宴を盛大に挙げたいけれど貯金が足りないという人には強く利用をおすすめできます。

楽天銀行ブライダルローンは融資限度額が最高で300万円とゆとりのある借り入れが可能ですし、金利は2017年11月22日時点で固定性の年7.0%となっているので契約的な返済がしやすくなっています。

また借入金額が50万円以下の場合、月々の返済金額は1万円となるので、ある程度まとまった額を借り入れた場合でも無理のない返済ができるという特徴があります。

なお、契約の際には本人確認書類や収入証明書類に加えて資金使途証明書類も必要となります。

アコムのACマスターカードはキャッシュバックでお得!

キャッシングの検討時に少しでもお得なサービスを受けられるかは重要です。無利息サービスや会員サービスが充実しているかは、チェックポイントであり、無駄な出費は減らしたいと考えます。ですが無利息サービスは新規申し込み時の一回だけ、ポイントサービスはなかなかポイントが貯まらないなどの問題があります。クレジットカード会社の場合、商品や商品券に交換できるものの、還元率が悪く、ポイントが失効してしまい無駄になることもあります。

ですが、アコムのACマスターカードなら現金キャッシュバックとなり、無駄がなく、毎月決まった出費があるならお得です。利用金額の0.25%がキャッシュバックされるため、割引が無い水道光熱費も安くすることが出来ます。

また、毎月の支払日までに支払いを済ませることで、無駄な手数料も発生しないのはメリットなります。現金キャッシュバックという、目に見えたサービスとなるため、お得感があり、ポイントサービスのように失効してしまい利用出来ないという問題もなくなります。キャッシング自体は、利息が高くなるものの、このクレジットカードなら持っていても損はないものと言えます。少しでも、支払金額を減らしたい方にはおすすめです。

在籍確認以外で勤務先に電話が来るときは要注意!

銀行や消費者金融でキャッシング契約する際、勤務先に在籍確認の電話があるのは一般的です。

しかし、これ以外のケースで電話が来た場合は要注意です。銀行や消費者金融は正当な理由が無い限り、勤務先への電話を行うことはありません。

消費者金融の場合は、貸金業法においても厳しく規制されています。つまり、在籍確認以外の電話は正当な理由があるということになり、最終通告の一歩手前と考えることが重要です。

特に返済が遅延している状況では、債権回収業者への債権譲渡、一括返済、裁判という可能性が高まっています。

そのため、このような時は必ず電話応対を行い、然るべき対応を直ぐにとることが重要になります。

最悪の場合は、給与差押えにより、勤務先にバレてしまうため、絶対に電話が無いよう、個人電話で速やかに対応しましょう。

中には、3回電話が繋がらないだけで、勤務先への電話も有り得ます。

在籍確認以外で勤務先に電話が来るときは要注意!

銀行や消費者金融でキャッシング契約する際、勤務先に在籍確認の電話があるのは一般的です。

しかし、これ以外のケースで電話が来た場合は要注意です。

銀行や消費者金融は正当な理由が無い限り、勤務先への電話を行うことはありません。

消費者金融の場合は、貸金業法においても厳しく規制されています。

つまり、在籍確認以外の電話は正当な理由があるということになり、最終通告の一歩手前と考えることが重要です。

特に返済が遅延している状況では、債権回収業者への債権譲渡、一括返済、裁判という可能性が高まっています。

そのため、このような時は必ず電話応対を行い、然るべき対応を直ぐにとることが重要になります。

最悪の場合は、給与差押えにより、勤務先にバレてしまうため、絶対に電話が無いよう、個人電話で速やかに対応しましょう。

中には、3回電話が繋がらないだけで、勤務先への電話も有り得ます。

今のカードローンで過払金って発生するの?

貸金業者からの借り入れの場合、過払い金が発生している可能性があることから、過払金の返還請求が可能です。ですが、これはあくまで過去の契約において高い金利が適用された状態が継続しているケース留まるため、現在では過払金が発生しないようになっています。

同様に銀行カードローンは、貸金業法の改正以降に提供する銀行が増えたため、適用金利はあくまで利息制限法の上限が適用されるため、発生しないのが実状になります。また、毎月の返済額や利息も利用残高に応じて再計算されるため、過剰に利息が請求されることはありません。

貸金業法の改正以降にカードローン契約をされた方は、過払金の返還請求を行ったとしてもメリットがなく、無駄な労力を使ってしまう可能性が高くなっています。

楽天銀行が提供するカードローンです。

楽天ローンは楽天銀行が提供するカードローンになります。楽天銀行は金融機関としてだけでなく、ネット専業の銀行としても大手の銀行となっています。このため、カードローンの審査や利息などの仕組みが確立され、安全性も確保されているから安心して利用することができます。

また、申し込みも口座を取得することによってホームページから申し込められるようになっています。返済手続きも行えるので、人の目を気にせずに利用することができ、プライバシーも守ることが可能となっています。

さらに親会社である楽天のサービスも受けられます。楽天独自のポイントサービスや様々な優遇サービスも提供されているので、活用するとお得に利用することができます。

初めての方へのカードローン入門

カードローンはどなたでも契約できるのではなく、年齢と収入、居住(勤務先)という3つの条件をクリアして初めて申し込めるのです。

まず年齢は金融機関によってマチマチですが、一般的に消費者金融では69歳まで、銀行カードローンでは60~69歳までと幅広くなっています。

なお70歳以上の方が申し込めるカードローンは片手で数える程しかありません。

次に収入条件です。収入は多いに越したことはありませんが、パートの主婦程度の収入でも十分申し込めます。

何が重要視されるのかというと、収入が安定しているかどうかです。

月5万円のパートでも、毎月定期的に入ってくるなら安定しています。

一方風俗嬢のように、収入は多いけど決して安定しているとは言えない場合は厳しく審査されるのです。

最後の居住(勤務先)要件は、地方銀行で必要とされる場合があります。

その銀行の営業区域内で住んでいる、または働いている方だけが申し込めるのです。

地域住民に密着した地方銀行ならではの条件となります。