おまとめローン専門の中央リテール

消費者金融では珍しいおまとめローン専門のお店として中央リテールがあります。

限度額は500万円で、金利設定は10.95~13.0%となっており、消費者金融としては珍しいくらいの金利設定です。

おまとめローンを利用する実際の金額あたり(おおよそ100万円前後から200万円あたり)を勘案すると金利設定はかなり安いほうでしょう。

審査も最短で即日で完了しますから、すぐにでもおまとめローンを利用したい人には大変便利な商品となっています。

消費者金融でおまとめローンならここはかなりオススメです。

ただ、もちろんのことではありますが新たな借入はできませんので、利用をする際にはしっかりと返済をする医師を固めてから利用してみることをオススメします。

消費者金融のおまとめローンを利用する2つのメリット

おまとめローンを利用する時は低金利の銀行カードローンを選んだ方がいいと言われていますが、最近では消費者金融のおまとめローンも充実しています。

特にアイフルは2種類のおまとめローンがあるので消費者金融の中でも人気があります。そこで消費者金融のおまとめローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一本化するためのローンなので普通にキャッシングをする時より審査に時間がかかる事が多いです。

しかし消費者金融のおまとめローンは金利が高く設定されているため審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。それで複数の業者からの借り入れを早く一本化する事が出来ます。

銀行カードローンのおまとめローンは審査が厳しくて落ちてしまう事もよくあります。それで複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来ない場合もあります。

しかし消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンのおまとめローンより審査が厳しくないので可決率が高いです。審査の可決率が高いと複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来る可能性も高くなるのでメリットになります。

銀行カードローンとおまとめローンは競合関係にある

おまとめローンという宣伝文句が謳われている金融商品には、貸金業法に基づく総量規制の例外として行われている債務者にとって一方的に有利な借り換えに該当するものが本来のおまとめローンです。しかし、銀行カードローンの中には、総量規制対象外という点に着目した実質的なおまとめローンとしての勧誘が行われています。

背景として、利息制限法では法定金利を貸付残高に応じて段階的に厳しくしているので、10万円以上100万円未満の法廷金利は18%ですが、100万円以上では法定金利が15%に下がる点を利用した借り換えが推奨されます。金利差3%は100万円を1年間借入した際には3万円の利息差を生むことになり、借入総額が大きいほど金利差による総利息減少が期待出来るわけです。

一見すると借り換え出来れば銀行カードローンと消費者金融のおまとめローンのどちらでも良いと思われます。しかし、最大の違いは追加借入の可否にあることを知った上で借入先を選ぶことが重要です。消費者金融のおまとめローンは、貸金業法に基づく総量規制の例外としての借り換えですから、おまとめローンへの借り換え後に新たな借入は制限されます。一方で銀行カードローンならば、あくまでも普通に利用限度額設定を行なっただけですから、返済後に必要に応じて追加借入も可能です。