学生がカードローンを申し込んだ場合の審査について

20歳以上で定期的な収入があれば、学生でもカードローンに申し込むことができます。学生の場合は、収入が少ないため借入限度額は低めに設定されます。申し込みの際は、両親への連絡先を伝える必要がありますが、返済を滞らせたりしない限り、両親に連絡がいくことはないので、内緒で申し込むことも可能です。

審査では、同じアルバイト先で長く働いているかどうかが重要視されています。また、両親と一緒に住んでいる方が審査に通りやすい傾向があります。卒業を控えた最終学年である(社会人になる日が近い)、留年していない等、学生ならではのチェック項目もあります。また、金融会社によっては、借入金の使途を確認するとこともあり、資格習得のための費用にする等、将来に結び付く理由での借り入れは審査に有利となるようです。

楽天のカードローンは安心できます

カードローンをどこにしようか迷われている方は多いでしょう。

実は楽天でもカードローンが申し込めるのですよ。楽天の利用者なら楽天銀行の口座をお持ちの方も多いでしょうからぜひお勧めしたいと思います。

なんといっても有名すぎる楽天ですので倒産の心配もないですよね。

HPもとても見やすく申し込みも簡単です。

楽天のカードローンですが、楽天銀行の口座を持っていなくても、また普段楽天でのショッピングなどをしていない人でも申し込めます。

パートやアルバイトの方も申し込みできますし、申込みに必要な書類は楽天のアプリがあれば郵送が不要です。

お金の借り入れはお近くのコンビニのATMからいつでもできますし、今ご利用の銀行口座を使っても大丈夫です。

とにかく便利で簡単な楽天のカードローンはおすすめです。

新生銀行レイクのカードローンは、借り入れも返済もATM手数料が無料

カードローンを利用した場合、毎月の返済にはATMを利用するという人が圧倒的に多いようです。大手消費者金融では自社のATM・提携銀行ATMの他、コンビニのATMも利用できるため、利便性が高くなっていますが、コンビニのATMは、借り入れ・返済どちらの場合も、利用金額に応じて手数料が発生します。

毎月返済の度に手数料がかかっては、利息に加算されているのと同じことになっています。カードローンの申し込み先を決める場合は、手数料なしで利用できるATMが近くにあるかどうかも重要なポイントの一つです。

新生銀行レイクのカードローンは、コンビニのATMをはじめ、提携銀行のATMも手数料無料で利用できます。ローソンやファミリーマートのATMの他、セブン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行のATMが無料で利用できるので、いつどこでも手数料なしで返済可能と言ってもいいでしょう。

愛知銀行 カードローン「愛」は低額だがおトク

愛知銀行のカードローンの一つである「愛」は、定額の借入限度額ですがおトクです。

借入限度額は30万円と50万円で、専業主婦や低額の借り入れを望んでいる方とかをターゲットにしているものですが、

一番見るべき点は金利です。

通常の状態でも年13.0パーセントと他の銀行よりも安いわけではありますが、

愛知銀行と住宅ローン、住宅金融支援気候の利用、給与振込みなどの取引関係にある場合には金利の割引適用が受けられるものであり、

条件次第では最大で年3パーセントの金利の割引を受けることが可能となっています。

ですので、ちょっとだけお金をおトクに借入したいなというようなときには、愛知銀行のカードローンである「愛」は結構オススメです。

キャッシングとカードローンを併用した効率的なお金の使い方

キャッシングとカードローンは共にユーザーが限度額内でお金を借りる事が出来るサービスですので、ユーザーにとっては、それほど使い勝手に差はありません。キャッシングは、カードローンとは違って貸金業法の総量規制が導入されていますので、総限度額に制限があるという弱点が存在します。その弱点を補完する手段として、銀行などが提供するカードローンを利用するのは効果的です。

ネット銀行が提供するカードローンは、返済時の利息が低くなっていますので、返済をする時にも返し易いというメリットがあります。キャッシングの利点は、数多くの消費者金融会社がサービスを提供していますので、ユーザーのライフスタイルにマッチしたサービスの選択肢が豊富である事です。

今のカードローンで過払金って発生するの?

貸金業者からの借り入れの場合、過払い金が発生している可能性があることから、過払金の返還請求が可能です。ですが、これはあくまで過去の契約において高い金利が適用された状態が継続しているケース留まるため、現在では過払金が発生しないようになっています。

同様に銀行カードローンは、貸金業法の改正以降に提供する銀行が増えたため、適用金利はあくまで利息制限法の上限が適用されるため、発生しないのが実状になります。また、毎月の返済額や利息も利用残高に応じて再計算されるため、過剰に利息が請求されることはありません。

貸金業法の改正以降にカードローン契約をされた方は、過払金の返還請求を行ったとしてもメリットがなく、無駄な労力を使ってしまう可能性が高くなっています。

楽天銀行が提供するカードローンです。

楽天ローンは楽天銀行が提供するカードローンになります。楽天銀行は金融機関としてだけでなく、ネット専業の銀行としても大手の銀行となっています。このため、カードローンの審査や利息などの仕組みが確立され、安全性も確保されているから安心して利用することができます。

また、申し込みも口座を取得することによってホームページから申し込められるようになっています。返済手続きも行えるので、人の目を気にせずに利用することができ、プライバシーも守ることが可能となっています。

さらに親会社である楽天のサービスも受けられます。楽天独自のポイントサービスや様々な優遇サービスも提供されているので、活用するとお得に利用することができます。

千葉銀行カードローンはどのような人が利用している?

首都圏にある地方銀行の中で千葉銀行カードローンを利用する人が増えてきていますが、実際にどのような人が利用しているのか見ていく事にしましょう。

・専業主婦

専業主婦はカードローンを利用する事が出来る銀行が制限されてしまいますが、千葉銀行カードローンは専業主婦への貸付も積極的に行っています。配偶者に安定した収入があれば最大50万円まで借入可能です。

・多額の借り入れをしたい人

千葉銀行カードローンは限度額が最大800万円に設定されていて多額の借り入れにもしっかり対応してくれます。また多額の借り入れをする時は収入証明書を提出しなければいけませんが、千葉銀行カードローンは不要になります。収入証明書を準備するのは手間がかかるので提出が不要になるのはメリットになります。

カードローンと銀行ローンの利点を比べて使い分ける

カードローンの契約があれば、利用限度額の範囲内で繰り返し何度でも借入と返済を行えます。必要な時に必要な額だけ借入を行って、約定返済日に最小返済額以上を返せば良いので、余裕がある月には随時返済として多くの金額を返済しても問題ありません。その代わり、金利設定が特に消費者金融では利息制限法で定められている法定金利ギリギリというケースが多く、利便性と金利設定は相反する状態です。

銀行カードローンを選べば、消費者金融よりは低金利で借入が出来るものの、目的別ローンとは比較にならないほど金利が高いことに変わりありません。カードローンは、必要な時に必要な金額を借入する方法です。

一方、銀行ローンは、借入希望額について審査を行い、審査に通過した際には一括で融資を受けます。証書貸付と呼ばれている方法が採用されているので、返済方式は元利均等返済が一般的です。

まとめて借入を行って、計画的に定額返済を続けることになるので、繰り上げ返済は双方の合意が得られた場合のみ行われて、証書の作り変えが必要となる関係で手数料が必要となります。低金利で融資を受けられる代わりに、余裕がある月であっても一方的に繰り上げ返済を行なうことは出来ないわけです。

キャッシング契約をするならカードローンとフリーローンのどちらが良いのか?

キャッシングといっても、カードローンとフリーローンがあり、それぞれに違いがあります。カードローンの場合、利用限度枠内であれば何度でも借り入れが出来ますが、フリーローンの場合は契約後に一括融資を受けた後、返済のみとなります。実際にどちらが便利なのか、そしてお得なのかという点ですが断然フリーローンの方がお得です。フリーローンの金利は約10%以下が一般的であり、カードローンに比べ、5%以上の利息削減が見込めます。借り入れ後は返済のみとなるものの、しっかりと返済を行うことができ、短期間での返済も容易になります。

一方、カードローンの場合、金利が高く、返済しては借り入れするといった事態に繋がり、元本が減らないどころか同じローン契約が継続されてしまい、返済期間が長期化するリスクが高まります。利用限度枠内で追加での借り入れが出来る点では便利なものの、お得に返済を続けるという点ではフリーローンの方が断然有利になります。そのため、カードローンを利用する場合は少額の借り入れに限定し、高額な借り入れをする場合は目的別に対応したフリーローンを利用する方が、効率的に返済が行える上、将来的に支払う利息も圧縮することが可能になります。