千葉銀行カードローンはどのような人が利用している?

首都圏にある地方銀行の中で千葉銀行カードローンを利用する人が増えてきていますが、実際にどのような人が利用しているのか見ていく事にしましょう。

・専業主婦

専業主婦はカードローンを利用する事が出来る銀行が制限されてしまいますが、千葉銀行カードローンは専業主婦への貸付も積極的に行っています。配偶者に安定した収入があれば最大50万円まで借入可能です。

・多額の借り入れをしたい人

千葉銀行カードローンは限度額が最大800万円に設定されていて多額の借り入れにもしっかり対応してくれます。また多額の借り入れをする時は収入証明書を提出しなければいけませんが、千葉銀行カードローンは不要になります。収入証明書を準備するのは手間がかかるので提出が不要になるのはメリットになります。

カードローンと銀行ローンの利点を比べて使い分ける

カードローンの契約があれば、利用限度額の範囲内で繰り返し何度でも借入と返済を行えます。必要な時に必要な額だけ借入を行って、約定返済日に最小返済額以上を返せば良いので、余裕がある月には随時返済として多くの金額を返済しても問題ありません。その代わり、金利設定が特に消費者金融では利息制限法で定められている法定金利ギリギリというケースが多く、利便性と金利設定は相反する状態です。

銀行カードローンを選べば、消費者金融よりは低金利で借入が出来るものの、目的別ローンとは比較にならないほど金利が高いことに変わりありません。カードローンは、必要な時に必要な金額を借入する方法です。

一方、銀行ローンは、借入希望額について審査を行い、審査に通過した際には一括で融資を受けます。証書貸付と呼ばれている方法が採用されているので、返済方式は元利均等返済が一般的です。

まとめて借入を行って、計画的に定額返済を続けることになるので、繰り上げ返済は双方の合意が得られた場合のみ行われて、証書の作り変えが必要となる関係で手数料が必要となります。低金利で融資を受けられる代わりに、余裕がある月であっても一方的に繰り上げ返済を行なうことは出来ないわけです。

キャッシング契約をするならカードローンとフリーローンのどちらが良いのか?

キャッシングといっても、カードローンとフリーローンがあり、それぞれに違いがあります。カードローンの場合、利用限度枠内であれば何度でも借り入れが出来ますが、フリーローンの場合は契約後に一括融資を受けた後、返済のみとなります。実際にどちらが便利なのか、そしてお得なのかという点ですが断然フリーローンの方がお得です。フリーローンの金利は約10%以下が一般的であり、カードローンに比べ、5%以上の利息削減が見込めます。借り入れ後は返済のみとなるものの、しっかりと返済を行うことができ、短期間での返済も容易になります。

一方、カードローンの場合、金利が高く、返済しては借り入れするといった事態に繋がり、元本が減らないどころか同じローン契約が継続されてしまい、返済期間が長期化するリスクが高まります。利用限度枠内で追加での借り入れが出来る点では便利なものの、お得に返済を続けるという点ではフリーローンの方が断然有利になります。そのため、カードローンを利用する場合は少額の借り入れに限定し、高額な借り入れをする場合は目的別に対応したフリーローンを利用する方が、効率的に返済が行える上、将来的に支払う利息も圧縮することが可能になります。

カードローン審査の難易度

キャッシングの審査に通りたいけど、どこの審査が甘いのかわからないという方の為に、キャッシングの審査の基本方式について解説します。

まず、貸金業法で定めるキャッシングは、業態で行けばクレジットカードのキャッシング>大手消費者金融のキャッシング>中小消費者金融のキャッシングの順に難易度が下がっていきます。これらの業態の金利は利息制限法ギリギリである15.0%~18.0%がほとんど採用されていますので、特に金利に差はありません。しかし審査においては会社ごとに違いがあります。

クレジットカード会社のキャッシングはクレジットカードを申し込んだ時に付帯されていますので、実質的にはカード申込の状態で審査はすでに終わっています。

大手消費者金融の審査通過率は、アコム、アイフルが47~48%付近、プロミスが42%~43%付近の推移ですので大手消費者金融ではアコム、アイフルの方が審査は緩い構図になっています。

それよりも更に審査が緩いとされるのは中小消費者金融です。

ただし、大手消費者金融で借りた場合で既に年収の3分の1である総量規制に抵触するのであれば、それ以上借りる事は出来ませんのであきらめなければいけません。

無利息で利用することができるカードローンとは

無利息で使えるカードローンというのが実はいくつもあります。ですから、そうしたものを積極的に利用することがお勧め出来るでしょう。当たり前ですが業者は利息収入が利益になっています。それが無利息で貸すということは一体どうなっているのか、となることでしょう。

実に簡単なことであり、最初に自分のところから借りて欲しい、と思っているわけです。そうしたところがありますから、まずはそこから借りることがお勧め出来るでしょう。カードローン業者の多くがそうしたキャンペーンをしていますから、非常に探すことは難しくないといえるでしょう。

そうしたところを利用することがベストであるといえるでしょう。焦ることはありませんが、とにかく、しっかりとした業者から借りるようにしましょう。はっきりいって、カードローンのカードは特に持っていることにデメリットがないのです。つまりは、できるだけ発行しておいたほうがよい、となります。

いつでも利用できる資金源とすることができますから、そのあたりはよくよく知っておくとよいでしょう。維持する費用も特に必要ないとなっていますから、かなり安心して持っていることが基本的にはカードローンは可能になっています。