キャッシングの利息は実際にはどれくらい?

キャッシングの利息は年利15%や18%といった形で提示されていますが、例えば10万円を借りた場合にはどれくらい利息が掛かるのでしょうか。

普通に考えると、年利15%なら1年間でちょうど15,000円の利息が掛かると思ってしまうかも知れませんが、これは大きな間違いです。

キャッシングの返済は原則的に月に一度行わなくてはいけないので、その都度借り入れを行った元金は減っていきます。利息はその元金から算出される為、返済を行う度にその後に発生する利息も減っていくのです。

よって、月に一度の12回払いで10万円を借りると、年利15%の利息の場合、合計して返済する金額は108,304円になります。このうちの10万円は元金の為、利息は8,304円です。このように、元金の15%がそのまま掛かるという訳ではないのです。

年利18%では、合計して返済する金額は110,011円になります。この場合の利息分は10,011円です。実質的に支払う利率にすると、約10%だと表現していいでしょう。

このような例を見てみると、考えていたより安いと思うかも知れません。少なくとも提示されている年利15%や18%といった数字そのままではないので、その数字だけを見て、高いと考えてしまうのは間違いなのです。

キャッシングの利息はどうやって決まるのか

キャッシングをしたら利息つきで返済しなくてはいけない、これはみなさんご存知かと思います。でもその利息はどのような基準でつくのか、知らない人も多いのではないでしょうか。ですからキャッシングの際の利息というのはどのようにして決まるのかということを、みなさんに解説したいと思います。

まず利息はカードローンやクレジットカードごとに上限と下限が異なっています。その上限と下限の間を決めるのは、自身の信用だったり借り入れ金額などです。一概にこのケースでは必ず利息が何パーセントである、などそういったことは言えません。人によって同じ金額を同じところから借りても、利息が違ってくるケースがあります。

ですから基本的には、金融会社などが定める上限と下限の間で、自身の信用によって利息は決まるというふうに覚えておきましょう。そうすれば間違いはないと言えるでしょう。返済シミュレーションなどのサービスを利用してみるのも、利息を知る良い手段です。

キャッシング業者を比較して選ぶ方法

若い時はやりたいことが沢山あるものです。

友達と旅行へ行ったり、車の免許を取りたい、カッコいい車が欲しいなど色々な夢があるものです。

将来の仕事のために勉強したい、資格を取りたいと思っている人もいます。

しかし、お金がないからとそこで諦めてしまう人も実際いるものです。

その時にしか出来ないことや絶好のチャンスを逃してしまうのはもったいないし、あとから後悔するのもイヤですよね。

お金のことで悩んでいるなら、キャッシングを利用することで、その人の夢を叶えることが出来ます。

最近のキャッシングの申し込みはとても簡単になってきているので、忙しい人でもスピーディーに申し込みが出来たり、即日振込にも対応してくれるところもあります。

キャッシング業者は沢山あるので、どこを選んで利用するかが大切になります。

当然のことながら、キャッシング業者によって利息も違います。

審査にかかる時間や即日振込に対応していないキャッシング業者もあります。

急いでいる人の場合、手続きや振込に時間がかかってしまっては意味がなくなってしまいます。

また返しやすさについても違いがあります

その人にあったキャッシング業者を選ぶことが大切なポイントになります。