銀行ローンの審査で有利になってくる人

銀行ローンは、申し込みに適した人が存在しています。

まず、銀行は利息が低くなっている代わりに、審査が比較的厳しく行われるので、安定的な仕事に就いていることが重要になってきます。パートやアルバイトでも融資を受けられる業者もありますが、銀行によっては正規社員のみへの融資に限っている場合もあるので注意してください。逆に言えば、正社員として勤務している人であれば、審査に通りやすくなってきます。

また、働いている人によって、一般企業に勤めている人もいれば公務員として働いている人まで存在しています。銀行ローンへの申し込みの際に有利になってくるのが公務員です。公務員は、職が安定しておりリストラの心配もありません。個人的な事情がない限り、仕事を辞める可能性も低くなっています。また、ボーナスを支給されるなど金銭的な余裕があるとみられるため、審査に申し込みした際に融資を受けやすくなるのです。

この条件に当てはまっている人であれば、銀行ローンを利用しやすくなるでしょう。

ただし、いくら公務員として勤務していても、複数の金融業者から融資を受けていたり、返済の遅延を起こしていれば、融資を受けることはできません。お金を借りるからには自覚をもって返済しましょう。

銀行カードローンで審査が通過したのに契約出来ないことがあるのか?

銀行カードローンは消費者金融に比べ金利が低いだけでなく、都市銀行や地方銀行など金利優遇サービスが追加されるなどメリットと魅力があります。しかし、銀行カードローンで審査が通過したのに契約出来ないことがあるのか疑問に思う方もいる筈です。

そもそも、審査に通過すれば殆ど間違いなく契約出来ると思いがちですが、2つの問題が疑われた場合、審査結果が取り消され、契約が出来ないという事態を招きます。その問題点は、銀行口座の凍結情報および反社会的勢力との関係性が疑われた場合となります。

銀行カードローンの場合、返済を行う上で銀行口座の開設が必要になります。その際、過去に銀行口座が凍結されている場合、新たに口座開設が出来ないため契約が出来なくなります。銀行口座を凍結された場合、同一名義人の口座が全て凍結される可能性も生じます。

特に闇金融などからお金を借りてしまい、口座情報を教えてしまうと『押し貸し屋』と呼ばれる闇金に口座が悪用され、借りてもいない現金が振り込まれるだけでなく、犯罪行為に加担したことになってしまいます。この際に振り込まれた現金は、別の闇金利用者が返済で振り込んだ現金である可能性が高く、意図しないことで口座が凍結されてしまいます。

また、もう一つの反社会的勢力との関係性ですが、銀行では暴力団排除条項を設けており、如何なる場合に於いても取引をしない、または関わらないこととしています。そのため、家族や親類縁者が反社会的勢力との関係性が疑われた場合は契約以前の問題となります。また、実際に関係があった場合、身分を偽って申し込みを行ったと見做され、発覚した時点で除外対象になってしまいます。

カードローン審査の難易度

キャッシングの審査に通りたいけど、どこの審査が甘いのかわからないという方の為に、キャッシングの審査の基本方式について解説します。

まず、貸金業法で定めるキャッシングは、業態で行けばクレジットカードのキャッシング>大手消費者金融のキャッシング>中小消費者金融のキャッシングの順に難易度が下がっていきます。これらの業態の金利は利息制限法ギリギリである15.0%~18.0%がほとんど採用されていますので、特に金利に差はありません。しかし審査においては会社ごとに違いがあります。

クレジットカード会社のキャッシングはクレジットカードを申し込んだ時に付帯されていますので、実質的にはカード申込の状態で審査はすでに終わっています。

大手消費者金融の審査通過率は、アコム、アイフルが47~48%付近、プロミスが42%~43%付近の推移ですので大手消費者金融ではアコム、アイフルの方が審査は緩い構図になっています。

それよりも更に審査が緩いとされるのは中小消費者金融です。

ただし、大手消費者金融で借りた場合で既に年収の3分の1である総量規制に抵触するのであれば、それ以上借りる事は出来ませんのであきらめなければいけません。

消費者金融の審査について

消費者金融の審査では属性審査や信用情報による審査、本人確認、在籍確認などが行われ、申込者の情報が嘘偽りなく提出されているかを確認後、返済能力の有無について判断されることになります。

属性審査についてはスコアリング方式で返済能力が評価され、一定の水準であれば顧客として招かれます。特に、属性審査では収入や勤務先、雇用形態が大きな比重を占めていると言われています。属性審査の評価基準というのは各消費者金融ごとで微妙に異なりますが、これは他社との差別化を図ることによりより優秀な顧客を獲得しようとしているためです。特定の消費者金融の審査が甘いと言われているのも優秀な顧客を獲得するための手段ということになります。

一方、信用情報については基本的にどの消費者金融も審査において重要視しています。というのも、金融会社は顧客との信用が成り立って初めて成立する商売だからです。信用情報とは過去の借り入れ状況に深く関係していて、3ヶ月以上の滞納をしていないか、または過去に債務整理を行っているかなどの有無により審査は大きく左右されると言われています。

属性審査で可決されるようなスコアを出したとしても、信用情報に傷がついては審査を通る確率は極端に低くなってしまいます。大手の消費者金融では信用情報について重要視している傾向にあり、信用情報一つで審査に落ちてしまったなんて方もたくさんいるわけです。ある程度期間が経てばそれらの情報も消去されますが、そのような方は申し込みをする消費者金融を変えてみるなどして、工夫を凝らすことも大切です。

キャッシングでネックとなる本人確認

キャッシングの審査を通過するには、勤めている会社の本人確認を行う事が必要となります。申込用紙に書いた通りの会社に勤めているかを確認する事は、キャッシング審査の上で最も重要だと言えます。それは例えば、無職にも関わらず、サラリーマンだと偽る人もいるからです。

ただ、金融機関から勤務先へ電話が掛かってくる事は、キャッシングを申し込んだ本人にとっては心配な事です。いつ、どのような電話が掛かってくるのか?本人確認の電話以降、

上司から「借金か?仕事に支障をきたすなよ」とか、同僚から「俺に金の話を持ちかけるなよ」などと言われ、変な噂が職場に流れれば仕事どころではないですね。

特に、初めて借りる人なんかは、「電話の本人確認なしで契約できないの?」とか、「消費者金融に自分の会社を教えても本当に大丈夫だろうか?」、「会社を知られて、弱みを握られて、更に追い込まれる可能性すらあるのでは?」と心配する人もいるかもしれません。しかし金融機関の専任スタッフは、そうした事を不安に感じる本人の気持ちを受け止め、きちんと相談に乗ってくれます。借りる側が不安にならないように色々なサービスが用意されているのです。

基本的に、キャッシングの審査では、電話における本人の確認が必要となります。しかし、様々な理由も存在しますので、直近の給与明細や社員証など、本人確認できる書類を提出することで電話での本人確認を回避する事も可能なのです。会社に電話が出来ない人とは契約を結べないと言う訳ではないのです。

色々な心配事にも対応してくれるスタッフがいますので、キャッシングを検討している方は、一度相談されるのも良いと思います。

キャッシング業者を比較して選ぶ方法

若い時はやりたいことが沢山あるものです。

友達と旅行へ行ったり、車の免許を取りたい、カッコいい車が欲しいなど色々な夢があるものです。

将来の仕事のために勉強したい、資格を取りたいと思っている人もいます。

しかし、お金がないからとそこで諦めてしまう人も実際いるものです。

その時にしか出来ないことや絶好のチャンスを逃してしまうのはもったいないし、あとから後悔するのもイヤですよね。

お金のことで悩んでいるなら、キャッシングを利用することで、その人の夢を叶えることが出来ます。

最近のキャッシングの申し込みはとても簡単になってきているので、忙しい人でもスピーディーに申し込みが出来たり、即日振込にも対応してくれるところもあります。

キャッシング業者は沢山あるので、どこを選んで利用するかが大切になります。

当然のことながら、キャッシング業者によって利息も違います。

審査にかかる時間や即日振込に対応していないキャッシング業者もあります。

急いでいる人の場合、手続きや振込に時間がかかってしまっては意味がなくなってしまいます。

また返しやすさについても違いがあります

その人にあったキャッシング業者を選ぶことが大切なポイントになります。

キャッシングの審査は無職では通らない

アルバイトでも良いのでとにかく仕事をすること。これは本当にそうなのですが、困ったときにキャッシングを利用しようと思ったら、ますますこのことが重要になります。

消費者金融でも銀行カードローンでも、アルバイト、正社員は問わず毎月の安定収入が絶対の条件になってます。
どんな理由でも無職だと審査には通りません。例外は働いている夫がいる無職の主婦ぐらいです。

勿論大資産家なら無職でもOKでしょうが、そんな人がカードローンを利用するはずありません。

仕事をしてそのお金で生活すれば、金銭感覚を養うことにもなります。1万円を稼ぐのがどれだけ大変かを知っていれば、簡単な借金なんてするはずが無いのです。

それでもお金のピンチは急にやって来ます。最後の手段としてキャッシングに頼るのも仕方がないでしょう。
それで、借りるなら借りるでスムーズに事を運びたいから審査で手こずるようなことは避けたいです。
アルバイトでも良いので毎月の収入があれば、こういったイザという時にも問題なく話が進みます。
これは、学生や年金生活者にも当てはまります。

求職活動が長引いて貯金で生活している人は、簡単なアルバイトを見つけて平行して就職先を探したほうが、キャッシングのことだけでなく、何かと対応できる事柄が多くなってよいと思います。

アルバイトだけの収入だとキャッシングは出来ても、限度額は低めに設定されますが、それで上手くピンチを凌ぐしかありません。
絶対にしてはいけないのが無駄な借入です。アルバイトだとか正社員とか関係なくコレをし出すと止まらなくなり、返済不能まで突き進むことになります。