消費者金融で即日融資をうけてみて

お金を友人や親から借りる場合すぐに借りると言うのはなかなか難しいです。やはり知り合いの場合は借りるまでのやり取りが面倒だと思います。なぜ必要なのかと説明をするのもなかなか恥ずかしいものがあります。その点、消費者金融などは即日融資してもらえます。

審査も簡単できちんと収入があるのであれば融資はすぐにしてもらえます。私も結婚式などの出費が多い時は、消費者金融に何回か頼ったことがあります。次の給料日に返済を全てできるので、無利子期間の間でお金が返せて特に問題はありませんでした。誰にも迷惑をかけることなくお金の問題が解決してよかったです。何よりすぐに借りれるというのが簡単でとても便利です。また何かあれば返済できる金額を借りると思います。

消費者金融の返済方法は口座引落が選ばれるのはなぜ?

消費者金融の返済方法は口座引落、銀行振込、ATMなどがありますが、口座引落を選ぶ人が多いです。そこでなぜ消費者金融の返済方法は口座引落が選ばれるのか理由を挙げていく事にしましょう。

・支払いを忘れるのを防ぐ事が出来る

消費者金融は返済期日が設けられていて遅れてしまうと滞納になってしまい信用情報に履歴が残ってしまいます。ATMや銀行振込を利用して返済していると返済期日を忘れてしまった時に滞納になってしまいます。しかし口座引落を利用して返済していれば返済期日を忘れても口座から自動引き落とされるので支払いを忘れるのを防ぐ事が出来ます。

・利用手数料が無料で返済する事が出来る

消費者金融は金利が高く設定されているのでお金を借りると加算される利息も多くなります。それにより返済する時はなるべく利用手数料を無料にしたいものです。ATMや銀行振込で返済していると1回ごとに利用手数料が発生してしまうので返済総額も多くなってしまいます。しかし口座引落で返済していれば利用手数料が無料なので無駄な出費を抑える事が出来ます。

・業者から勧められる事もある

消費者金融に申し込みをした時に口座引落で返済する事を勧めて業者も増えてきています。それで口座引落で返済する人もいます。

大手消費者金融の店頭でのキャッシング

大手消費者金融では店頭からでも申込みを行うことができます。しかし、現在では各社ともこの実店舗はほとんど存在していません。プロミスではATMや自動契約機が設置されている無人店舗は全国に約1200も存在しますが、有人店舗は20もありません。アコムも1000を超える無人店舗を構えていますが、有人店舗は30数店舗という具合です。

よって、この有人店舗の店頭からのキャッシングは現在ではあまり現実的ではなく、ネットや自動契約機からの申込みがほとんどになっています。また、この店頭からは直接キャッシングができない消費者金融もあるくらいです。

プロミスとアコムは店頭からの申込み、及びキャッシング共に行えますが、アイフルでは店頭でのキャッシングは取り扱っていません。よって、申込みこそ行えますが、キャッシングは審査に合格後にその場で発行されるカードを使って同店舗内にあるATMから行うことになります

また、モビットも三大大手に次ぐ存在ですが、このモビットには実店舗というもの自体が一切なく、自動契約機の設置されている無人店舗が全国に約600存在するだけです。

このように、それほど現在では実店舗はユーザーから求められていないと言ってもいいかも知れません。すぐ近隣にちょうど存在する場合は別ですが、無理に実店舗の利用を考える必要はないでしょう。

消費者金融のおまとめローンを利用する2つのメリット

おまとめローンを利用する時は低金利の銀行カードローンを選んだ方がいいと言われていますが、最近では消費者金融のおまとめローンも充実しています。

特にアイフルは2種類のおまとめローンがあるので消費者金融の中でも人気があります。そこで消費者金融のおまとめローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを一本化するためのローンなので普通にキャッシングをする時より審査に時間がかかる事が多いです。

しかし消費者金融のおまとめローンは金利が高く設定されているため審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が出来ます。それで複数の業者からの借り入れを早く一本化する事が出来ます。

銀行カードローンのおまとめローンは審査が厳しくて落ちてしまう事もよくあります。それで複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来ない場合もあります。

しかし消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンのおまとめローンより審査が厳しくないので可決率が高いです。審査の可決率が高いと複数の業者からの借り入れを一本化する事が出来る可能性も高くなるのでメリットになります。

消費者金融の申し込みを自動契約機で行う2つのメリット

“消費者金融は自動契約機かネットで申し込む事が出来ますが、最近ではスマホが普及してきているのでネットで申し込む人の方が多いです。
来店不要でお金を借りる事が出来るので利便性が高いのがメリットになりますが、自動契約機で申し込みをした方がメリットになる点もあります。

そこで消費者金融の申し込みを自動契約機で行うメリットを挙げていく事にしましょう。

・オペレーターと会話が出来る

消費者金融の申し込みをネットで行う時に分からない点があった時は自分で調べなければいけません。中には調べても分からない事があるのでお金を借りるまで時間がかかってしまう事もあります。しかし自動契約機で申し込みをする時は電話が設置されているので分からない点があった時はオペレーターと会話して質問する事が出来ます。それによりスムーズに手続きを済ませる事が出来るのでお金を借りるのも早くなります。

・確実性がある

消費者金融の申し込みをネットで行う時は手続きのミスなどが多いので不便に感じてしまう事もあります。しかし自動契約機で申し込む時は手続きのミスなどはほとんどないので確実性があります。それにより安心してキャッシングの申し込む事が出来るのでメリットに感じる人も多いです。”

学生のキャッシングについて

初めてキャッシングをする際、気になることと言えば審査についてだと思います。どのような人が審査に通りやすいかというと、一番大事になってくるのは返済能力があるかどうかということです。当たり前ですが、無職の方よりも会社員として仕事をしている人のほうが通りやすいに決まっています。なら、主婦や学生など収入が不安定であったり少ない人は審査に通らないのかと言われるとそうではありません。そんな方達でもキャッシングをできるかどうか調べるために審査があると言ってもいいでしょう。

その中でも学生のキャッシング審査について記述したいと思います。一般には学生ではキャッシングの審査に通らないと思われている方が多いと思います。しかし、探してみると学生専用のキャッシングあるように、現在では学生に対しても積極的にキャッシングを進めている企業もあります。それだけ若い人の未来に可能性を見出しているということです。まず、学生でキャッシングするためにはアルバイトなど収入がなければキャッシングをすることはできません。

その理由は、お金を借りるためには、総量規制というものがあり年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないからです。しかし、逆を言えばアルバイトなどでも収入があればお金を借りることが出来るということです。学生の方で、お金がどうしても必要しかし学生ではキャッシングできないのではと思いの方一度消費者金融に相談してみてはいかがでしょうか。

家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法

消費者金融を利用してお金を借りる事が出来ると金欠の状態を解消する事が出来ますが、家族や友人にバレてしまい気まずくなってしまう事もあります。消費者金融を利用してお金を借りる時は家族や友人に内緒にしたいものですが、申込方法によってはバレてしまいます。そこで家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法を挙げていく事にしましょう。

・WEB完結申込

スマホの普及によって消費者金融もネット上ですべての手続きを完結するWEB完結申込を利用する事が出来るようになっています。ネット上での手続きになるのでスマホを持っていれば自分の都合の良い時間にどの場所にいても手続きをする事が出来ます。家族や友人に見られる事もないので内緒にしたい時はオススメの申込方法です。

・電話

消費者金融の申し込みを電話でするのは時代遅れのような気もしますが、電話は誰もいない場所でもかける事が出来るので家族や友人に内緒にしたい時はオススメの申込方法です。分からない点があった時はスタッフと直接会話をして聞く事が出来るのでスムーズに手続きを済ませる事が出来ます。

家族や友人に内緒にする事が出来る消費者金融の申込方法はWEB完結申込と電話が挙げられるので自分の都合の良い方法を選んで申し込みをするといいでしょう。

消費者金融の簡易審査で判定出来ないこととは?

大手消費者金融のキャッシング契約を検討する際、審査に通過出来るかどうかを事前に把握することが可能になっています。その方法としては、簡易審査や◯秒審査といったサービスになるものの、この判定からは把握し切れないといった点があります。判定自体は、年齢または生年月日、年収、そして他社借入金額となっています。

消費者金融のキャッシングの場合、総量規制により年収の1/3までしか借り入れ出来ないこと、他社からの借り入れ金額を合わせ100万円が超える場合や50万円を超える借り入れは所得証明書類は必要になります。そのため、簡易判定においては、これらに該当しないということで審査通過率が高いという判定になります。

しかし、この判定に於ける問題点としては、他社借入件数の項目が無いことであり、銀行カードローンの簡易判定ではその項目があります。そのため、どの程度の借り入れ件数があると審査落ちするのかも把握することが可能です。

ですが、消費者金融の簡易判定の場合、他社借入件数の限界ラインが把握することが出来ず、審査落ちするリスクを事前に把握出来なくなっています。ですが、消費者金融の多くは銀行カードローンの保証会社となっていることが多く、他社借入件数の上限ラインも殆ど同じと考えることが可能です。そのため、消費者金融でも他社借入件数は4件を超えると審査が通り難くなると認識しておくことをおすすめします。

銀行ローンと消費者金融のキャッシングについて

銀行ローンのキャッシング審査は、2種類ある情報機関に照会して過去の借入状況や滞納などを調べ判断されます。延滞中は絶対に審査に落ちます。銀行系が駄目だったからといっても、ひと昔前と違い消費者金融のネームバリューは暗いイメージや体質ではないので、安心して借入するのも選択肢の一つだと思います。大手消費者金融自体が銀行の傘下にあるので、金利も昔のような高さもありません。

消費者金融の審査は情報機関1種類に、情報照会するので銀行系に比べると審査に通りやすいです。ただ延滞中や滞納歴、債務整理や自己破産などは審査に落ちます。

債務整理に関しては、ある一定の期間が経過していれば審査に通る消費者金融もあるようです。固定した場所で仕事をしていて在籍確認が取れ過去に延滞や延滞中がなければ、大抵は審査に通ると思います。

今の時代は色々なキャッシング会社がありますが、どこそこは審査が甘いとかいっても情報機関が同じなので、過去の実績が悪いと結果は同じになるようです。ただ、楽天ローンの審査に落ちたけどアコムは借入できたとか、その逆のパターンもあるようなのである程度の範囲では、会社によって審査基準が変わるようです。

自分のスタイルに合ったキャッシング、無理のないキャッシングさえすれば安心して便利に利用できると思います。

消費者金融の審査について

消費者金融の審査では属性審査や信用情報による審査、本人確認、在籍確認などが行われ、申込者の情報が嘘偽りなく提出されているかを確認後、返済能力の有無について判断されることになります。

属性審査についてはスコアリング方式で返済能力が評価され、一定の水準であれば顧客として招かれます。特に、属性審査では収入や勤務先、雇用形態が大きな比重を占めていると言われています。属性審査の評価基準というのは各消費者金融ごとで微妙に異なりますが、これは他社との差別化を図ることによりより優秀な顧客を獲得しようとしているためです。特定の消費者金融の審査が甘いと言われているのも優秀な顧客を獲得するための手段ということになります。

一方、信用情報については基本的にどの消費者金融も審査において重要視しています。というのも、金融会社は顧客との信用が成り立って初めて成立する商売だからです。信用情報とは過去の借り入れ状況に深く関係していて、3ヶ月以上の滞納をしていないか、または過去に債務整理を行っているかなどの有無により審査は大きく左右されると言われています。

属性審査で可決されるようなスコアを出したとしても、信用情報に傷がついては審査を通る確率は極端に低くなってしまいます。大手の消費者金融では信用情報について重要視している傾向にあり、信用情報一つで審査に落ちてしまったなんて方もたくさんいるわけです。ある程度期間が経てばそれらの情報も消去されますが、そのような方は申し込みをする消費者金融を変えてみるなどして、工夫を凝らすことも大切です。