消費者金融の簡易審査で判定出来ないこととは?

大手消費者金融のキャッシング契約を検討する際、審査に通過出来るかどうかを事前に把握することが可能になっています。その方法としては、簡易審査や◯秒審査といったサービスになるものの、この判定からは把握し切れないといった点があります。判定自体は、年齢または生年月日、年収、そして他社借入金額となっています。

消費者金融のキャッシングの場合、総量規制により年収の1/3までしか借り入れ出来ないこと、他社からの借り入れ金額を合わせ100万円が超える場合や50万円を超える借り入れは所得証明書類は必要になります。そのため、簡易判定においては、これらに該当しないということで審査通過率が高いという判定になります。

しかし、この判定に於ける問題点としては、他社借入件数の項目が無いことであり、銀行カードローンの簡易判定ではその項目があります。そのため、どの程度の借り入れ件数があると審査落ちするのかも把握することが可能です。

ですが、消費者金融の簡易判定の場合、他社借入件数の限界ラインが把握することが出来ず、審査落ちするリスクを事前に把握出来なくなっています。ですが、消費者金融の多くは銀行カードローンの保証会社となっていることが多く、他社借入件数の上限ラインも殆ど同じと考えることが可能です。そのため、消費者金融でも他社借入件数は4件を超えると審査が通り難くなると認識しておくことをおすすめします。