カードローンと銀行ローンの利点を比べて使い分ける

カードローンの契約があれば、利用限度額の範囲内で繰り返し何度でも借入と返済を行えます。必要な時に必要な額だけ借入を行って、約定返済日に最小返済額以上を返せば良いので、余裕がある月には随時返済として多くの金額を返済しても問題ありません。その代わり、金利設定が特に消費者金融では利息制限法で定められている法定金利ギリギリというケースが多く、利便性と金利設定は相反する状態です。

銀行カードローンを選べば、消費者金融よりは低金利で借入が出来るものの、目的別ローンとは比較にならないほど金利が高いことに変わりありません。カードローンは、必要な時に必要な金額を借入する方法です。

一方、銀行ローンは、借入希望額について審査を行い、審査に通過した際には一括で融資を受けます。証書貸付と呼ばれている方法が採用されているので、返済方式は元利均等返済が一般的です。

まとめて借入を行って、計画的に定額返済を続けることになるので、繰り上げ返済は双方の合意が得られた場合のみ行われて、証書の作り変えが必要となる関係で手数料が必要となります。低金利で融資を受けられる代わりに、余裕がある月であっても一方的に繰り上げ返済を行なうことは出来ないわけです。

銀行ローンの審査で有利になってくる人

銀行ローンは、申し込みに適した人が存在しています。

まず、銀行は利息が低くなっている代わりに、審査が比較的厳しく行われるので、安定的な仕事に就いていることが重要になってきます。パートやアルバイトでも融資を受けられる業者もありますが、銀行によっては正規社員のみへの融資に限っている場合もあるので注意してください。逆に言えば、正社員として勤務している人であれば、審査に通りやすくなってきます。

また、働いている人によって、一般企業に勤めている人もいれば公務員として働いている人まで存在しています。銀行ローンへの申し込みの際に有利になってくるのが公務員です。公務員は、職が安定しておりリストラの心配もありません。個人的な事情がない限り、仕事を辞める可能性も低くなっています。また、ボーナスを支給されるなど金銭的な余裕があるとみられるため、審査に申し込みした際に融資を受けやすくなるのです。

この条件に当てはまっている人であれば、銀行ローンを利用しやすくなるでしょう。

ただし、いくら公務員として勤務していても、複数の金融業者から融資を受けていたり、返済の遅延を起こしていれば、融資を受けることはできません。お金を借りるからには自覚をもって返済しましょう。

銀行ローンと消費者金融のキャッシングについて

銀行ローンのキャッシング審査は、2種類ある情報機関に照会して過去の借入状況や滞納などを調べ判断されます。延滞中は絶対に審査に落ちます。銀行系が駄目だったからといっても、ひと昔前と違い消費者金融のネームバリューは暗いイメージや体質ではないので、安心して借入するのも選択肢の一つだと思います。大手消費者金融自体が銀行の傘下にあるので、金利も昔のような高さもありません。

消費者金融の審査は情報機関1種類に、情報照会するので銀行系に比べると審査に通りやすいです。ただ延滞中や滞納歴、債務整理や自己破産などは審査に落ちます。

債務整理に関しては、ある一定の期間が経過していれば審査に通る消費者金融もあるようです。固定した場所で仕事をしていて在籍確認が取れ過去に延滞や延滞中がなければ、大抵は審査に通ると思います。

今の時代は色々なキャッシング会社がありますが、どこそこは審査が甘いとかいっても情報機関が同じなので、過去の実績が悪いと結果は同じになるようです。ただ、楽天ローンの審査に落ちたけどアコムは借入できたとか、その逆のパターンもあるようなのである程度の範囲では、会社によって審査基準が変わるようです。

自分のスタイルに合ったキャッシング、無理のないキャッシングさえすれば安心して便利に利用できると思います。