キャッシングの限度額とは?

キャッシングを利用する際に、限度額という借りることが可能な金額の上限が決まってます。これはどの業者を利用しても必ず決まっているため、際限なく借りると言うことはできません。

多くの金融業者の説明を見てみると、限度額500万円とか300万円まで融資可能と記載されている場合が多いため、借りる側からしてみれば、誰でもその限度額まで借りることが出来るのではないかと錯覚してしまいます。

しかし実際には業者が決めた限度額まで借りることはほぼ不可能だといえます。特に消費者金融のキャッシングを利用した場合には、総量規制という法律があるため、仮に300万円まで借りるとなると、年収が900万円必要だと言うことになってしまいます。これは総量規制が年収の三分の一までの貸し付けまでしか出来ないためで、300万円借りると3倍の900万円の収入が最低限必要になってしまうからです。

一般的な収入の平均が300万円~400万円程度だと言われていますから、実際に借りることが可能な限度額は100万円~130万円程度が限度となるのではないでしょうか。もちろん収入が少なければもっと限度額は下がることになります。

しかしこの限度額も最初からいきなり100万円借りることが出来るわけではなく、徐々に増額をしていき限度額を上げていく必要があります。これは初めて利用した人にはその業者を利用したと言う実績が全くないため、十世紀が無い人に最初から大金は融資できないと言うことでしょう。

借りたお金をちゃんと返済していくと、少しずつ実績が積み重なっていきます。そうすると業者側もこの人は信頼に足る人だと言うことで、増額をOKしてくれます。その繰り返しで少しずつ限度額というものが増えていくことになります。

もちろん返済を延滞したりした場合には、返済の実績にキズが付きますからなかなか限度額を上げるということは出来なくなるため、限度額を上げたいのであれば、延滞や遅延といった行為には気を付ける必要があるでしょう。